F1モナコGP、開催契約を延長。2025年までの3年契約締結を発表

F1はモナコGPの開催契約を2025年まで延長。今後の開催継続には疑問符がついていたが、伝統の1戦が少なくとももう3年は継続される。

F1モナコGP、開催契約を延長。2025年までの3年契約締結を発表
Listen to this article

 F1は開催契約が節目を迎えていたモナコGPに関して、2025年まで契約を延長したと発表した。

 1950年からF1の開催カレンダーに組み込まれてきた伝統の一戦であるモナコGP。しかし、2023年以降の開催に関しては、不確実な状況が続いてきた。

 モナコGPは、F1に支払う開催権料が他のどのグランプリよりも安く、さらに放送の制作権やサーキットの看板の設置に関する権利も有するなど、かなり有利な形で開催が続けられていた。

 そういった点はF1側にとっては是正したい部分となっており、2023年以降の契約延長が危ぶまれる事態につながっていた。

 ただF1とモナコGPを主催するモナコ自動車クラブは最終的に契約延長で合意。少なくとも2025年まではモナコGPが継続されることとなった。

 モナコGP開催契約の延長に際し、F1CEOのステファノ・ドメニカリは次のようにコメントしている。

「2025年までモナコでのレースを続けられることを発表でき、嬉しく思う。また、来シーズンも5月28日にまたこの公国の著名なストリートコースに戻って来られることに興奮している」

「この契約延長に携わった全てのひと、特にアルベール2世大公、モナコ自動車クラブ会長のミシェル・ボエリ、同クラブのチーム全員に感謝したい。来シーズンも我々のパートナーシップを継続できることを楽しみにしている」

 なお今回の契約延長にあたって、両者で取り決められた条件の詳細は明らかになっていない。ただ、F1側にとっては遥かに改善された契約である可能性が高い。

 
Read Also:

シェア
コメント
アルファタウリF1代表「角田裕毅は今季良い仕事をしている」と評価。一方で”落ち着き”も求める
前の記事

アルファタウリF1代表「角田裕毅は今季良い仕事をしている」と評価。一方で”落ち着き”も求める

次の記事

フェラーリ、マシンパフォーマンスの”浮き沈み”がある理由を理解できず「しかし、だからこそF1は興味深い」

フェラーリ、マシンパフォーマンスの”浮き沈み”がある理由を理解できず「しかし、だからこそF1は興味深い」