F1バーレーンGP予選:フェルスタッペン圧巻、0.4秒差のポール獲得! 角田裕毅は攻めのタイヤ戦略実らず13番手

F1開幕戦バーレーンGPの予選が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手だった。

F1バーレーンGP予選:フェルスタッペン圧巻、0.4秒差のポール獲得! 角田裕毅は攻めのタイヤ戦略実らず13番手

 2021年シーズンのF1開幕戦バーレーンGPの予選が、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季最初のポールシッターとなった。

 陽が落ちだんだんと暗くなっていくサーキット。気温は30度、路面温度35度というコンディション。少し強めの風が吹く中で予選が開始された。

 全20台中下位5台が脱落するQ1では、ルーキーのニキータ・マゼピン(ハース)が2度スピンする苦しい流れ。ウイリアムズのジョージ・ラッセルが見事なアタックでQ2進出を決めた一方、マゼピンのスピンによる黄旗の影響もあって、アストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、エステバン・オコン(アルピーヌ)がここで予選を終えた。

 さらに、ここまで順調に週末を進めてきたカルロス・サインツJr.(フェラーリ)が、セッション終盤にコース上でマシンストップ。突然エンジンが止まったが、なんとか再始動し15番手でQ2に駒を進めた。

 7年ぶりの日本人ドライバーとしてF1デビューを果たし、初の予選に臨んだ角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、Q1からいきなり速さを見せつけた。最初のアタックでフェルスタッペンから0.108秒遅れの2番手タイム。ルイス・ハミルトン(メルセデス)を上回ってみせ、文句なしのQ2進出を決めた。

 Q2ではレッドブルやメルセデス、マクラーレン、アルファタウリの8台がミディアムタイヤでのアタックを敢行。しかしここで角田はうまくタイムアップできず、13番手でQ2敗退。有利なミディアムタイヤでの決勝スタートを狙った攻めの戦略だが、これは成功しなかった。同様に、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが11番手でQ2進出できず。全体的には、タイヤの違いこそあれど上位12台が0.7秒差以内と僅差のアタック合戦だった。

 なお、ミディアムタイヤでQ3突破を決めたのはメルセデスの2台とフェルスタッペン、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)の計4台だ。

 7チーム10台で争われたQ3で速さを見せたのは、フェルスタッペン。Q3一発目のアタックではハミルトンをわずか0.023秒差で上回ると、最後のアタックではさらに完璧な走りを見せつける。0.5秒以上のタイムアップを果たす圧巻の走りで、ハミルトンに0.388秒差をつけて今季最初のポールシッターとなった。

 フェルスタッペンは昨年の最終戦アブダビGPでポール・トゥ・ウィンを飾っているため、自身初となる2戦連続のポールポジション獲得となった。

 ガスリーは、Q3最初のアタックで3番手に飛び込む好アタック。最終的にはメルセデスのバルテリ・ボッタスやフェラーリのシャルル・ルクレールに先を行かれたものの、グリッド3列目の5番手を獲得した。

 テストから好調だったマクラーレン勢はダニエル・リカルドが6番手、ランド・ノリスが7番手。サインツJr.、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、ランス・ストロール(アストンマーチン)までがトップ10となった。

 

Read Also:

順位 ドライバー タイム 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 1'28.997   218.919
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 1'29.385 0.388 217.969
3 Finland バルテリ ボッタス 1'29.586 0.589 217.480
4 Monaco シャルル ルクレール 1'29.678 0.681 217.257
5 France ピエール ガスリー 1'29.809 0.812 216.940
6 Australia ダニエル リカルド 1'29.927 0.930 216.655
7 United Kingdom ランド ノリス 1'29.974 0.977 216.542
8 Spain カルロス サインツ Jr. 1'30.215 1.218 215.964
9 Spain フェルナンド アロンソ 1'30.249 1.252 215.882
10 Canada ランス ストロール 1'30.601 1.604 215.043
シェア
コメント
レッドブルのフェルスタッペン、開幕戦予選を”完勝”「こんな形で開幕を迎えるのは初めて」

前の記事

レッドブルのフェルスタッペン、開幕戦予選を”完勝”「こんな形で開幕を迎えるのは初めて」

次の記事

ミック・シューマッハー、マゼピンとの初レースを回想「アイツのケンカ走りに気を付けろと言われたよ!」

ミック・シューマッハー、マゼピンとの初レースを回想「アイツのケンカ走りに気を付けろと言われたよ!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
サブイベント QU
執筆者 松本 和己