F1オランダFP2速報:2度の赤旗中断もトップはフェラーリのルクレール、角田は13番手

F1第13戦オランダGPのフリー走行2回目が行なわれ、トップタイムを計測したのはシャルル・ルクレール(フェラーリ)。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、13番手だった。

F1オランダFP2速報:2度の赤旗中断もトップはフェラーリのルクレール、角田は13番手

 オランダはザントフールト・サーキットで開催される第13戦オランダGPのフリー走行2回目が行なわれた。セッショントップタイムの1分10秒902をマークしたのは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)だった。

 2番手には、チームメイトのカルロス・サインツJr.が0.154秒差で並んだ。3番手はトップのルクレールから0.172差でエステバン・オコン(アルピーヌ)がつけた。

 4番手にバルテリ・ボッタス(メルセデス)、5番手に母国レースとなるマックス・フェルスタッペンが1分11秒264でつけた。

 FP1ではセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)のマシントラブルによる赤旗中断で走行時間が大幅に減少したが、FP2でもルイス・ハミルトン(メルセデス)のマシンストップとニキータ・マゼピン(ハース)のスピンにより2度赤旗が振られた。

 マシントラブルによりFP1でタイムを計測できなかった角田裕毅は、1分12秒096で13番手。チームメイトのピエール・ガスリーは7番手だった。

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Monaco シャルル ルクレール 29 1'10.902     216.247
2 Spain カルロス サインツ Jr. 28 1'11.056 0.154 0.154 215.779
3 France エステバン オコン 33 1'11.074 0.172 0.018 215.724
 
 

Read Also:

シェア
コメント
F1オランダFP1:ハミルトンがトップも、赤旗中断で勢力図は見えず…角田裕毅はマシントラブルで20番手

前の記事

F1オランダFP1:ハミルトンがトップも、赤旗中断で勢力図は見えず…角田裕毅はマシントラブルで20番手

次の記事

【F1動画】2021年F1第13戦オランダGP金曜日FP1&FP2ハイライト

【F1動画】2021年F1第13戦オランダGP金曜日FP1&FP2ハイライト
コメントを読み込む