F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
10 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

F2シルバーストン予選:ドルゴビッチが初のPP獲得。角田は終盤にタイム伸びず9番手

シェア
コメント
F2シルバーストン予選:ドルゴビッチが初のPP獲得。角田は終盤にタイム伸びず9番手
執筆:
2020/07/31 16:52

FIA F2第4戦シルバーストンの予選が行なわれ、MPモータースポーツのフェリペ・ドルゴビッチがポールポジションを獲得した。

 2020年FIA F2第4戦の予選がイギリスのシルバーストン・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはフェリペ・ドルゴビッチ(MPモータースポーツ)で、日本勢は角田裕毅(カーリン)の9番手が最上位だった。

 2020年シーズンのFIA F2も第4ラウンドを迎えた。ロバート・シュバルツマン(プレマ)、クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)らルーキー勢の活躍が著しい中、第2戦のレース1で2位に入った角田は、その他のレースで無得点に終わり現在ランキング12番手。F1昇格のためにもランキングを上げたいところだが、今回のレースでもフリー走行でトップタイムをマークし、速さを見せていた。

 予選開始時の気温は31℃、路面温度は40℃。曇り空ではあるものの、直前に行なわれたF1のフリー走行2回目同様、比較的暑いコンディションの下で行なわれた。

 最初のアタックでは角田がフリー走行の勢いそのままにトップタイムをマーク。しかしその後ジャック・エイトケン(カンポス)が1分40秒211を記録し、角田のタイムを0.005秒上回った。

 角田は2度目のアタックに向かい、セクター1で全体ベストタイムを記録したが、以降のセクションは振るわず自身のタイム更新はならず。その間にルンガー、ユアン・ダルバラ(カーリン)が角田のタイムを上回り、角田は4番手に落ちた。

 セッション中盤はほとんどのマシンがピットに戻る中、クリアラップを刻めていなかったプレマ勢がアタック。ミック・シューマッハーが7番手、シュバルツマンが13番手につけた。特にシューマッハーはアタック中にロイ・ニッサニー(トライデント)に進路を塞がれ、激昂する場面もあった。

 セッション残り10分の時点で、トップはダルバラ。ルンガー、エイトケン、角田、カラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)が続いた。松下信治(MPモータースポーツ)は14番手、佐藤万璃音(トライデント)は17番手だ。

 そして各車は再びコースに。角田はセクター1で最速タイムをマークするも、またも後半セクターで遅れタイム更新ならず。そんな中、ドルゴビッチが1分39秒527をマークし、トップタイムを大幅更新。そこにアイロット、ニキータ・マゼピン(ハイテック)も続き、トップ3に食い込んできた。

 その後激しいタイム更新合戦となるが、ドルゴビッチのタイムを上回る者は最後まで現れず、ドルゴビッチの初ポールが確定した。2番手にはアイロット、3番手にはシューマッハーが入った。

 角田は最初に記録したタイムを最後まで更新できず、最終的に9番手となった。松下は今季ベストの予選11番手となったが、ルーキーのチームメイトから大きく水をあけられる形となった。佐藤は17番手で、その後ろ18番手にはポイントリーダーのシュバルツマン。レース1の3連勝は厳しいポジションとなった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Brazil フェリペ ドルゴビッチ Netherlands MPモータースポーツ 12 1'39.527     213.083
2 United Kingdom カラム アイロット United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 12 1'39.666 0.139 0.139 212.786
3 Germany ミック シューマッハー Italy プレマ 11 1'39.761 0.234 0.095 212.584
4 Denmark クリスチャン ルンガー France ARTグランプリ 12 1'39.846 0.319 0.085 212.403
5 Russian Federation ニキータ マゼピン United Kingdom ハイテック 11 1'39.963 0.436 0.117 212.154
6 United Kingdom ジャック エイトケン Spain カンポス 11 1'40.082 0.555 0.119 211.902
7 India ユアン ダルバラ United Kingdom カーリン 12 1'40.140 0.613 0.058 211.779
8 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 12 1'40.180 0.653 0.040 211.694
9 Japan 角田 裕毅 United Kingdom カーリン 12 1'40.216 0.689 0.036 211.618
10 Switzerland ルイ デレトラ Czech Republic チャロウズ 13 1'40.324 0.797 0.108 211.391

F2シルバーストン:角田裕毅がまたもフリー走行首位。FPトップタイムは今季3度目

前の記事

F2シルバーストン:角田裕毅がまたもフリー走行首位。FPトップタイムは今季3度目

次の記事

F2シルバーストン:レース1はマゼピンが初優勝。角田は抜群のタイヤ管理で3位表彰台

F2シルバーストン:レース1はマゼピンが初優勝。角田は抜群のタイヤ管理で3位表彰台
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Silverstone
執筆者 戎井健一郎