F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
執筆者

Ben Anderson

Ben Andersonの最新ニュース

グリッド
リスト

鈴鹿予選驚速ベッテル「速くなったことに、理由など何もない」

フェラーリF1のセバスチャン・ベッテルは、チームメイトであるシャルル・ルクレールの連続ポールポジション記録を日本GPで止めることになったが、それを説明する”パフォーマンス上の改善”はなかったと語る。

”幻の最終ラップ”に接触クラッシュのペレス、「馬鹿げた動き」とガスリーを批判

F1日本GP終盤にセルジオ・ペレスと接触したピエール・ガスリーは、ペナルティなどは科されないことが決まった。

ルノー移籍で元アドバイザーと“金銭問題”? リカルド、13億円を請求される

以前ダニエル・リカルドのアドバイザーを務めていたグレン・ビーバスは、リカルドのルノー移籍に関する手数料の支払いが行われていないとして、1千万ポンド以上を請求していることが分かった。

このままでは僕は“乗客”……マシンに苦しむクビサ、早期解決を望む

ロバート・クビサはウイリアムズFW42が抱えている問題が改善されるまでは“乗客”であると語った。

スピンをミスと認めたベッテル、原因は“プレッシャー”ではなく強風?

セバスチャン・ベッテルは、バーレーンGPでのスピンがプレッシャーによるものであることを否定した。

Bチーム批判に、トロロッソ代表がチクリと反論「ホンダのような“良い”仕事をするべき」

トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、トップチームとより密接な関係を築くためF1の規則につけこんでいる、というライバルチームの批判に対して反論した。

ベッテルvsルクレールのバトル解禁はいつか? 「僕らはチームとして働く」

F1バーレーンGPの予選でフロントロウを独占したフェラーリのふたりは、決勝レースでは”チームとして”働く必要があると考えている。

マクラーレン、ストフェル・バンドーンの今季限りでのチーム離脱を発表

マクラーレンは、今季限りでストフェル・バンドーンがチームを離脱することになると発表した。

リカルドのリタイアはクラッチが原因? レース後の調査で判明

レッドブルのダニエル・リカルドがF1イタリアGPをリタイアした原因は、パワーユニットではなくクラッチの問題だった可能性が高いことが判明した。

フェルスタッペン、”スペックC”の改善認めるも「まだ1秒の差がある」

スペックCのパワーユニットの改善を認めたフェルスタッペンだが、上位とはまだ1秒以上の差があると述べた。

「”名門”マクラーレンがF1には必要」レッドブル代表がライバル復活願う

レッドブルのホーナー代表は、F1には名門チームであるマクラーレンが必要だと主張。現在”混乱”しているチームの復活を願っている。

グロージャン、前半戦は調子が狂った「まるでジョコビッチのように」

ハースのロマン・グロージャンは、激動のシーズン前半戦を過ごした。その不調ぶりをグロージャンは、テニス界のトッププレイヤーであるノバク・ジョコビッチを例に語った。

ジョビナッツィ、来季のシート獲得目指すも”他のドライバーの動向次第”

ジョビナッツィは来年のF1デビューを目指し、自分はシミュレータードライバーではないことを証明したいと話した。

新チームを探すより、フォースインディアを守るべき……最新参ハースが主張

ハースF1チームのシュタイナー代表は、新チーム参入を目指すF1の動きを批判。まずはフォースインディアを守るべきだと主張する。

バンドーン、マシントラブルでリタイアも「感触が通常に戻った」と安堵

マクラーレンのストフェル・バンドーンは、シャシーを交換したことで”全てが正常に戻った”と語った。

アロンソ、「グロージャンは良い仕事をしただけ」と”不正”発言を撤回

アロンソは、レース中にグロージャンが不正に彼をオーバーテイクしたと訴えていたが、その意見を撤回した。

ペレス、チームの状況に傷心「破産申請を勧めたのはチームを救うため」

ペレスは現在チームが置かれている状況に心を痛めており、破産申請を行った理由はチームを救うためだったと明かした。

ウルフ、”サポート役”発言を弁明「選手権での話をしているのではない」

メルセデスのウルフ代表は、ボッタスを”サポート役”と評したことについて、今回のレースに限った話であると主張した。

ハース、グロージャンのチーム残留は”安定性”次第「彼の金曜日の状態が重要」

ハースのシュタイナー代表は、チームにおけるグロージャンの未来は、彼が優れた安定性を見出せるかどうか次第だと語った。

マクラーレンの開発、70%は来季のため。アロンソ「未来は明るい」と主張

アロンソは、マクラーレンの最近のマシン開発における作業のうち70%は、来季を見据えたものだと明かした。

ティクトゥム、F1テスト参加できずも「F3戴冠が最優先」とレッドブル

レッドブルは、スーパーライセンスポイントの不足を理由にティクトゥムがヤングドライバーテストに参加できないことを”おかしな”状況だと考えている。

レッドブル「ホンダの進歩のため、トロロッソを”犠牲”にしたくない」

レッドブルは、ホンダがアップグレードを投入するのを手助けするため、トロロッソを”犠牲にする”ことはできないと主張するが、長期計画に役立つならば、その可能性は排除しないという。

”レッドブルの決断”に左右されず……ルノー、サインツ離脱の代替策準備

ルノーは、2019年にカルロス・サインツJr.の代替となるドライバーを探しておかなければならないと語る。

F1レース数はどうなる? ルノー代表「F1は特別でなければ」と削減を主張

ルノーのシリル・アビテブールは、F1はレース数を15ほどに減らすという積極的な決断を下すことにより、恩恵を受けられると考えている。