Moto2 Mandalika

ソムキアット・チャントラ、タイ人初の世界グランプリ優勝「支えてくれた全ての人に感謝。誇りに思う」

MotoGPインドネシアGPで、タイ人として初のグランプリウイナーとなったソムキアット・チャントラ。歴史に名を刻む勝利に喜びのコメントを寄せた。

Somkiat Chantra, Honda Team Asia

 MotoGP第2戦インドネシアGPのMoto2クラス決勝で、IDEMITSU Honda TeamAsiaのソムキアット・チャントラがはキャリア初優勝を達成。この勝利は、タイ人ライダーとして史上初のグランプリ優勝でもあった。

【ギャラリー】タイ人初のグランプリ優勝、チャントラ喜び爆発!

 チャントラは決勝を4番グリッドからスタート。好加速を決めてホールショットを奪うと、そこから全16周と短縮されたレースでライバルを寄せ付けず、一度も先頭を譲ること無く走りきってトップチェッカーを受けた。

 チャントラは2018年にMoto3クラスで世界選手権にデビュー。2019年からIDEMITSU Honda Team AsiaでMoto2フル参戦を開始した。昨シーズンまでのベストリザルトは5位であり、2021年にMoto2クラスへデビューした僚友の小椋藍には表彰台を先に獲得されてしまっていた。

 チャントラはプレシーズンテストから印象的なペースを見せていたものの、開幕戦のフリー走行で転倒。小指を骨折してしまい、レースは欠場していた。そのためインドネシアGPが彼にとって今シーズンの初レースだったが、最高のシーズンスタートとなった。

「タイ人として初めて世界選手権でレース優勝を果たせたことを、誇りに思う」

 チャントラはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「信じられないよ。最初のコーナーからハードにプッシュして、最後まで一番前にいたんだ。Moto2での初表彰台だ、信じられない。Honda Team Asia、Honda、タイそして家族や僕のことを支えてくれたすべての人に感謝する」

「テスト期間と開幕戦カタールでは、ベストなセッティングを作るためにハードに働いていたんだ。残念だけど、カタールではクラッシュしてしてしまい、右手小指を折ってしまったけどね」

「手術の後、ここで走れるかどうかは疑問もあった。週末の間、痛みもあったけど我慢したよ。次戦アルゼンチンではきっと良くなっていると思う」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 Moto2インドネシア決勝|出光ホンダのチャントラ、タイ人初のグランプリ優勝! 小椋藍も追い上げ6位
次の記事 Moto2アルゼンチン予選|小椋藍、決勝は3列目8番手スタート。アルデゲルが初ポール獲得

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本