スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ
16 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
51 days
26 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
14 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days

トムス、キャシディとのSF契約延長を発表。2年連続タイトル獲得を目指す

シェア
コメント
トムス、キャシディとのSF契約延長を発表。2年連続タイトル獲得を目指す
執筆:
協力: Jamie Klein
2020/02/28 3:19

トムスが、ニック・キャシディとスーパーフォーミュラの参戦契約を締結したことを発表。キャシディはmotorsport.comの取材に対し、「昨年の強さを維持したい」と語った。

 2019年のスーパーフォーミュラチャンピオンに輝いたニック・キャシディ。2020年の参戦契約はまだ未発表の状態だったが、このほどトムスから、契約延長が決まったことが正式に発表された。

 2月7日にトヨタから2020年のスーパーフォーミュラでトヨタ/TRDエンジンを使用するチームのドライバーラインアップが発表された。そのリストでは、VANTELIN TEAM TOM’Sは36号車に中嶋一貴が乗り、1号車は「TBN」という形の記載がされていた。その後、TOM’Sの公式ツイッターでも1号車のドライバーについては「Coming soon!」とだけされており、前年王者であるキャシディの名前はなかった。

 他のカテゴリーとも交渉しているのではないかなど様々な噂や憶測があり、昨年の最終戦鈴鹿でタイトルを獲得した後も将来的にはFIA世界耐久選手権(WEC)に挑戦をしてみたいという想いを明かしていたキャシディ。さらに3月にはマラケシュで行なわれるフォーミュラEのテストにヴァージンから参加することが決まっているなど、今後さらなる挑戦に向けた可能性を模索しているようだ。

 しかしトムスは2月28日、キャシディとの契約延長をTwitterで発表。これでVANTELIN TEAM TOM’Sの今季ラインアップは、1号車がキャシディ、36号車が中嶋一貴になることが正式に決定した。

 キャシディは発表に際し、motorsport.comに対して次のようにコメントを寄せた。

「またTOM’Sとともにスーパーフォーミュラに参戦し、チャンピオンの座を守りに行く1年を迎えられることを嬉しく思っている。昨年は力強い戦いをすることができたが、今年もそれを維持していけると思っている。だからTOM’S以外のチームに行くという選択肢を考えることもなかった」

「今シーズンはレギュレーションの変更などもあり、決して簡単にはいかないシーズンになるだろうが、その中でもベストを尽くしてシーズンを戦っていきたい」

 

Read Also:

次の記事
S耐富士テスト、SF鈴鹿テストでパドックの一般入場が禁止に……新型コロナウイルス対策で

前の記事

S耐富士テスト、SF鈴鹿テストでパドックの一般入場が禁止に……新型コロナウイルス対策で

次の記事

鈴鹿2&4レース、S耐開幕戦の延期が決定。新型コロナウイルスが影響

鈴鹿2&4レース、S耐開幕戦の延期が決定。新型コロナウイルスが影響
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
ドライバー ニック キャシディ
執筆者 吉田知弘