【スーパーGT】グリップが残っていなかった……19号車スープラの宮田莉朋、2周連続アタック完遂できずポール逃すも「決勝が楽しみ」

スーパーGT第4戦もてぎで予選2番手となった19号車WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋は、予選で好感触を得られたため、決勝レースを楽しみにしていると語った。

【スーパーGT】グリップが残っていなかった……19号車スープラの宮田莉朋、2周連続アタック完遂できずポール逃すも「決勝が楽しみ」

 2021年スーパーGT第4戦もてぎの予選で2番手タイムを記録した19号車WedsSport ADVAN GR Supraの宮田莉朋。ポールは逃したものの、予選でのパフォーマンスには満足しており、決勝も楽しみにしているようだ。

Read Also:

 Q2を担当した宮田は、セッション終了間際に1分37秒549をマークしてトップに。直後にコントロールラインを通過した1号車STANLEY NSX-GTの山本にタイムを上回られた宮田は、2周連続のアタックを敢行してセクター2まで1号車を上回るペースを刻んでいた。再逆転でのポールも狙える状況だったが、セクター3でコンマ数秒タイムをロスするとペースを落とし、アタックを完遂せずにピットに戻ってしまった。

「最後のラップは、セクター2までは良かったのですが、セクター3に入った時にはタイヤのグリップが残っていませんでした」

 宮田は予選後、motorsport.comにそう説明した。

「そこでコンマ3秒ほどロスしたので、(アタックを完了させずに)ピットに入ることにしました。タイヤが2周のアタックに対応できなかったんです。2番手からのスタートになりますが、レースで勝ちたかったので、タイヤを温存する方が良いと思いました」

 ポールポジションを獲得した前戦富士に引き続き、予選で好結果を残した19号車だが、宮田はもてぎでメーカーテストを行なっていることから、レースでも良い結果が残せることを期待している。

「前回の富士では予選が非常に良かったのですが、レースはまずまずといった感じでした。ただ僕たちはもてぎでメーカーテストをして、新しいタイヤでショートランとロングラン両方のテストをしました。その結果、今回の予選は調子が良かったので、レースも楽しみにしています」

「もてぎはヨコハマタイヤに適したコースなのかもしれないです。予選2番手という結果には満足していますし、優勝できればいいですね。良いレースができると思います」

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】1号車STANLEYの山本尚貴、今季初PPに満面の笑み。予選“強化”のための体制拡充が結実
前の記事

【スーパーGT】1号車STANLEYの山本尚貴、今季初PPに満面の笑み。予選“強化”のための体制拡充が結実

次の記事

【スーパーGT】GTA坂東代表、2022年カレンダーは国内のみで8戦開催の意向。再来年以降は“海外ウインターレース”の構想も

【スーパーGT】GTA坂東代表、2022年カレンダーは国内のみで8戦開催の意向。再来年以降は“海外ウインターレース”の構想も
コメントを読み込む