グロージャン、シムレース再開も「まだ左手が完全ではない」
F1公式ゲーム手がけるコードマスターズはEA社が買収
F1ゲーム制作のコードマスターズが買収へ
グランツーリスモSPORTでフェルスタッペン&アルボンに挑め!
SGT×GTS スペシャルレースは佐々木大樹が優勝

ロマン・グロージャンはiRacingのストリーミング配信の中で、F1バーレーンGPでの激しいクラッシュから1ヵ月が経ったが、手の状態は良くなってきていると語った。

F1公式ビデオゲームの開発会社であるコードマスターズは、エレクトロニック・アーツ社に12億ドル(約1249億円)相当の取引で買収されることとなった。

F1公式ゲームの制作を手がけるコードマスターズは、アメリカのビデオゲーム販売会社であるテイクツー・インタラクティブから、総額9億7300万ドル(約1020億円)での買収の提案を受けている。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン、そしてFIA F2参戦中の角田裕毅にグランツーリスモSPORTで挑戦できるオンラインイベント『Red Bull Beat The Pro』が10月14日からスタートする。

スーパーGTのオンライン・バーチャルレース「SGT × GTS スペシャルレース」は瞬間最大同時視聴者数が1万2000人を超えるなど、大いに盛り上がった。

初開催バーチャル・オリンピックの一競技にモータースポーツが決定。”グランツーリスモ”を使用

バーチャル・オリンピック・シリーズの初開催を、国際オリンピック委員会が発表。全5競技で争われるが、そのうちのひとつがモータースポーツになることが決まった。そして「グランツーリスモ」がその戦いに使われることも明らかになった。

EA社がF1公式ゲーム手がけるコードマスターズの買収を完了。レースゲーム新時代の幕開けに?

エレクトロニック・アーツは、F1公式ビデオゲームを開発するコードマスターズの買収を完了した。

グロージャン、バーレーンGPの大事故から1ヵ月。シムレース再開も「まだ左手が完全ではない」

ロマン・グロージャンはiRacingのストリーミング配信の中で、F1バーレーンGPでの激しいクラッシュから1ヵ月が経ったが、手の状態は良くなってきていると語った。

F1公式ゲーム手がけるコードマスターズはEA社が買収。テイクツー社と合意間近から一転

F1公式ビデオゲームの開発会社であるコードマスターズは、エレクトロニック・アーツ社に12億ドル(約1249億円)相当の取引で買収されることとなった。

F1ゲーム制作のコードマスターズ、テイクツー社が買収へ

F1公式ゲームの制作を手がけるコードマスターズは、アメリカのビデオゲーム販売会社であるテイクツー・インタラクティブから、総額9億7300万ドル(約1020億円)での買収の提案を受けている。

フェルスタッペン&アルボン、角田に挑め! グランツーリスモSPORTのイベントが14日開始

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン、そしてFIA F2参戦中の角田裕毅にグランツーリスモSPORTで挑戦できるオンラインイベント『Red Bull Beat The Pro』が10月14日からスタートする。

【PR】“走る歓び”を全てのレース好きに。『アセットコルサ コンペティツィオーネ』が持つ圧倒的クオリティと裾野の広さ

PlayStation4用リアルレースシミュレータ『アセットコルサ コンペティツィオーネ』の日本語版が、9月24日に発売される。今回はこのゲームを実際に体験し、その魅力や、それぞれのユーザーに応じた楽しみ方を探ってみた。

企画『eスポーツを知る』第5回:グランツーリスモが見据える、“次のステージ”

グランツーリスモシリーズの生みの親、山内一典プロデューサーは新作の『グランツーリスモ7』発売にあたり、意外な発言をしている。今作は近年注目を集めているオンラインレースよりも、オフラインのモードを主体とするというのだ。しかしモータースポーツの未来を考えれば、これは大きな意味を持つはずだ。

「いつの日かル・マンに出たい」ガスリー、仮想ル・マン参加で衝撃受ける

アルファタウリF1のピエール・ガスリーは6月中旬にバーチャル・ル・マン24時間レースに参加したが、そこで得られたワクワクに驚かされたと語った。

大白熱となったSGT×GTS スペシャルレースは佐々木大樹が優勝

スーパーGTのオンライン・バーチャルレース「SGT × GTS スペシャルレース」は瞬間最大同時視聴者数が1万2000人を超えるなど、大いに盛り上がった。

コロナ禍は、ドライバーとファンの距離を近づけた? アルボン「新しい世界が開けた」

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、シーズンが実際に開幕しても、中断期間中にシムレーシングによって培われたファンとの新たな”特別な”繋がりが失われることはないと考えている。

F1公式ゲーム『F1 2020』の日本語版発売が9月24日に決定。新要素盛り沢山

Game Source Entertainmentは、F1公式ゲームの最新作である『F1 2020』の日本語パッケージ版の発売日を2020年9月24日と公表した。

仮想ル・マンでフェルスタッペンとアロンソ襲ったトラブルを、rFactor開発者が説明

6月13~14日に開催されたバーチャル・ル・マン24時間レースは、シムレースにおける重要なマイルストーンとなったが、いくつか技術的なトラブルにも見舞われた。

バーチャル・ル・マン24時間を、レベリオンの1号車が制す。トヨタ8号車が11位

バーチャル・ル・マン24時間レースは、いくつかのトラブルがあったものの無事に終了。レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツ1号車が総合優勝を飾った。

バーチャルならでは? 仮想ル・マン24時間、サーバートラブルで2度目の赤旗中断

バーチャル・ル・マン24時間レースは、残り4時間半となった段階で、サーバーに問題が発生したため、赤旗中断を余儀なくされた。

バーチャル・ル・マン24時間|16時間経過し、レベリオンがワンツー体制

世界最大のバーチャルレース『バーチャル・ル・マン24時間レース』は、16時間を経過し、レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツがワンツーとなっている。

ノリス&フェルスタッペン擁する20号車、バグが原因で仮想ル・マン無念のリタイア

チーム・レッドラインのマックス・フェルスタッペンは、技術的な問題が発生したことでバーチャル・ル・マン24時間レースからリタイアすることとなった。

仮想ル・マンでまさかのストップ。アロンソが原因を説明「燃料補給ができなかった」

フェルナンド・アロンソは、バーチャル・ル・マン24時間レースでストップしてしまった理由を説明。「ゲームの不具合とヒューマンエラー」によるものだと語った。

最も「神秘的」なレース。ルクレール、”リアル”のル・マン参戦を希望

フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、バーチャル・ル・マン24時間レースに参戦中。その最初のドライブを終えた後、実際のル・マン24時間にも挑戦してみたいと語った。

バーチャル・ル・マン24時間レースがスタート! トヨタ8号車にいきなり試練

世界最大のバーチャルレース、『バーチャル・ル・マン24時間レース』がスタート。計50台のマシン、集まった豪華なドライバーたちの過酷な挑戦が始まった。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。