フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
95 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

esports News and Analysis

グリッド
リスト
【動画】F1チーム運営ゲーム『F1 Manager 2022』トレイラー
ビデオ・インサイド

【動画】F1チーム運営ゲーム『F1 Manager 2022』トレイラー

2022年8月に発売されるF1チーム運営ゲーム『F1 Manager 2022』のトレイラー動画。

F1ゲーム界に革命が起きる!? 今夏発売予定の超本格チーム運営ゲーム『F1 Manager 2022』の魅力を探る

2022年8月30日に発売予定の『F1 Manager 2022』。近年のF1ゲームとは一線を画すそのゲームスタイル、魅力について探った。

F1がもっと身近に。世界30都市でeスポーツ体験センター開設へ……レースシミュレータにrFactor2を採用

エンターテインメント・ハブとして、世界各地にF1の最先端シミュレータを備えた複合型施設が開設される。2022年末には、イギリス・ロンドンにその“一号店”がオープンされるという。

優れたシミュレータが生み出す好循環……懐疑的なハミルトンを変えた“ただのゲームとは言えない”技術の進歩とは?

F1ではレースウィークエンドへ向けた準備のひとつとして、ドライバーがシミュレータ作業に勤しむことが主流となっている。ルイス・ハミルトン(メルセデス)は以前からシミュレータに懐疑的な姿勢を示していたが、どうやら近頃はそうではないようだ。

ル・マン24時間バーチャル:50台200人がオンラインで大激戦。フェルスタッペンも魅せ場作るもクラッシュ

ル・マン・バーチャル・シリーズの最終戦、ル・マン・バーチャル24時間レースが開催され、リアルチーム・ハイドロジェン・レッドラインが勝利を収めた。

賞金総額約2800万円! ル・マン・バーチャル・シリーズ最終戦”24時間レース”が今週末配信

シムレースのビッグシリーズであるル・マン・バーチャル・シリーズの最終戦、ル・マン・バーチャル24時間レースが、1月15日から16日にかけて開催される。

ル・マン・バーチャル・シリーズ第2戦スパ6時間が今週末開催。オンライン観戦可能

MOTORSPORT GAMESが主催するル・マン・ヴァーチャル・シリーズは、2021年10月16日に第2ラウンドを実施すべく、準備を進めている。

2021-2022年ル・マン・バーチャル・シリーズ、参戦ドライバーのエントリーリストを発表

2021-2022年のル・マン・バーチャル・シリーズに参戦するドライバーとチームのエントリーリストを発表。

ル・マン・バーチャル・シリーズ、エントリーチームが公開

オンラインの耐久レースイベント、”ル・マン・バーチャル・シリーズ”のエントリーチームのリストが公表された。

“eモータースポーツの箱根駅伝”に? 大学自動車部対抗のグランツーリスモ大会が開催へ

全国の大学自動車部員を対象としたeモータースポーツの大会『GT Young Challenge 2021』が開催されることとなった。

ダニエル・リカルドのF1公式ゲームに対する認識が変わった理由「かつては見下していたけどね」

マクラーレンのダニエル・リカルドは、1996年以来、プレイステーションの公式F1ゲームを愛してきた。しかしそのゲームに対する認識は、ここ数年で大きく変わったという。

初開催バーチャル・オリンピックの一競技にモータースポーツが決定。”グランツーリスモ”を使用

バーチャル・オリンピック・シリーズの初開催を、国際オリンピック委員会が発表。全5競技で争われるが、そのうちのひとつがモータースポーツになることが決まった。そして「グランツーリスモ」がその戦いに使われることも明らかになった。

EA社がF1公式ゲーム手がけるコードマスターズの買収を完了。レースゲーム新時代の幕開けに?

エレクトロニック・アーツは、F1公式ビデオゲームを開発するコードマスターズの買収を完了した。

グロージャン、バーレーンGPの大事故から1ヵ月。シムレース再開も「まだ左手が完全ではない」

ロマン・グロージャンはiRacingのストリーミング配信の中で、F1バーレーンGPでの激しいクラッシュから1ヵ月が経ったが、手の状態は良くなってきていると語った。

F1公式ゲーム手がけるコードマスターズはEA社が買収。テイクツー社と合意間近から一転

F1公式ビデオゲームの開発会社であるコードマスターズは、エレクトロニック・アーツ社に12億ドル(約1249億円)相当の取引で買収されることとなった。

F1ゲーム制作のコードマスターズ、テイクツー社が買収へ

F1公式ゲームの制作を手がけるコードマスターズは、アメリカのビデオゲーム販売会社であるテイクツー・インタラクティブから、総額9億7300万ドル(約1020億円)での買収の提案を受けている。

フェルスタッペン&アルボン、角田に挑め! グランツーリスモSPORTのイベントが14日開始

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボン、そしてFIA F2参戦中の角田裕毅にグランツーリスモSPORTで挑戦できるオンラインイベント『Red Bull Beat The Pro』が10月14日からスタートする。

【PR】“走る歓び”を全てのレース好きに。『アセットコルサ コンペティツィオーネ』が持つ圧倒的クオリティと裾野の広さ

PlayStation4用リアルレースシミュレータ『アセットコルサ コンペティツィオーネ』の日本語版が、9月24日に発売される。今回はこのゲームを実際に体験し、その魅力や、それぞれのユーザーに応じた楽しみ方を探ってみた。

企画『eスポーツを知る』第5回:グランツーリスモが見据える、“次のステージ”

グランツーリスモシリーズの生みの親、山内一典プロデューサーは新作の『グランツーリスモ7』発売にあたり、意外な発言をしている。今作は近年注目を集めているオンラインレースよりも、オフラインのモードを主体とするというのだ。しかしモータースポーツの未来を考えれば、これは大きな意味を持つはずだ。

「いつの日かル・マンに出たい」ガスリー、仮想ル・マン参加で衝撃受ける

アルファタウリF1のピエール・ガスリーは6月中旬にバーチャル・ル・マン24時間レースに参加したが、そこで得られたワクワクに驚かされたと語った。

F1ドライバーとeスポーツの“融合”は、F1に大きな価値をもたらした?

F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、現役ドライバーたちがファンとより密接に関わることができたeスポーツからは、学べることがあると語った。

大白熱となったSGT×GTS スペシャルレースは佐々木大樹が優勝

スーパーGTのオンライン・バーチャルレース「SGT × GTS スペシャルレース」は瞬間最大同時視聴者数が1万2000人を超えるなど、大いに盛り上がった。

コロナ禍は、ドライバーとファンの距離を近づけた? アルボン「新しい世界が開けた」

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、シーズンが実際に開幕しても、中断期間中にシムレーシングによって培われたファンとの新たな”特別な”繋がりが失われることはないと考えている。

F1公式ゲーム『F1 2020』の日本語版発売が9月24日に決定。新要素盛り沢山

Game Source Entertainmentは、F1公式ゲームの最新作である『F1 2020』の日本語パッケージ版の発売日を2020年9月24日と公表した。

仮想ル・マンでフェルスタッペンとアロンソ襲ったトラブルを、rFactor開発者が説明

6月13~14日に開催されたバーチャル・ル・マン24時間レースは、シムレースにおける重要なマイルストーンとなったが、いくつか技術的なトラブルにも見舞われた。

バーチャル・ル・マン24時間を、レベリオンの1号車が制す。トヨタ8号車が11位

バーチャル・ル・マン24時間レースは、いくつかのトラブルがあったものの無事に終了。レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツ1号車が総合優勝を飾った。

バーチャルならでは? 仮想ル・マン24時間、サーバートラブルで2度目の赤旗中断

バーチャル・ル・マン24時間レースは、残り4時間半となった段階で、サーバーに問題が発生したため、赤旗中断を余儀なくされた。

バーチャル・ル・マン24時間|16時間経過し、レベリオンがワンツー体制

世界最大のバーチャルレース『バーチャル・ル・マン24時間レース』は、16時間を経過し、レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツがワンツーとなっている。

ノリス&フェルスタッペン擁する20号車、バグが原因で仮想ル・マン無念のリタイア

チーム・レッドラインのマックス・フェルスタッペンは、技術的な問題が発生したことでバーチャル・ル・マン24時間レースからリタイアすることとなった。

仮想ル・マンでまさかのストップ。アロンソが原因を説明「燃料補給ができなかった」

フェルナンド・アロンソは、バーチャル・ル・マン24時間レースでストップしてしまった理由を説明。「ゲームの不具合とヒューマンエラー」によるものだと語った。

最も「神秘的」なレース。ルクレール、”リアル”のル・マン参戦を希望

フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、バーチャル・ル・マン24時間レースに参戦中。その最初のドライブを終えた後、実際のル・マン24時間にも挑戦してみたいと語った。

バーチャル・ル・マン24時間レースがスタート! トヨタ8号車にいきなり試練

世界最大のバーチャルレース、『バーチャル・ル・マン24時間レース』がスタート。計50台のマシン、集まった豪華なドライバーたちの過酷な挑戦が始まった。

バーチャル・ル・マン予選は”eプロ”が席巻。バイコレスがポールポジション

バーチャル・ル・マン24時間レースの予選が行なわれ、LMP2クラスはバイコレス、GTEクラスはポルシェがポールポジションを獲得した。

F1新作ゲーム『F1 2020』にドライバーレーティングが実装。能力を“見える化”

7月10日発売予定のF1公式ゲームソフト『F1 2020』では、F1とFIA F2のドライバーの能力を数値化した“ドライバーレーティング”が実装される。

F1バーチャルGPはいよいよ最終戦。ラッセルの連勝を止める者は現れるのか?

F1バーチャルGPの最終戦ではシャルル・ルクレールが欠場するため、5人の現役F1ドライバーによって争われることとなる。

ル・マン24時間バーチャルレースはいよいよ今週末。日本ではJ SPORTSで生中継&生配信

今週末に開催されるル・マン24時間バーチャル・レース。そのレースの模様は世界中で生配信され、最大4億人の視聴者を集めることが期待されている。日本ではJ SPORTSでスタートとゴールの生放送が行なわれる。

F1バーチャル第7戦アゼルバイジャン|ラッセルが3連勝をマーク、ルクレールは下位に沈む

F1バーチャルGP第7戦はジョージ・ラッセルが予選から決勝まで他を寄せ付けない強さを見せた。

サウジアラビアのeスポーツ協会SAFEISが、ル・マン24時間仮想レースのタイトルスポンサーに

サウジアラビアのeスポーツ協会は、SAFEISを通じてル・マン24時間のバーチャル・レースのタイトルスポンサーを務めることを発表した。

カルデロンの代打でSFバーチャル戦に参加した道上監督「難しくもあり面白かった」

スーパーフォーミュラのバーチャルレースに“代打出走”したTHREEBOND DRAGO CORSEの道上龍監督が、レースの感想を語った。

バーチャル・ル・マン24時間、エントリーリストが確定。F1、WEC、FEから超豪華メンバー揃う
ビデオ・インサイド

バーチャル・ル・マン24時間、エントリーリストが確定。F1、WEC、FEから超豪華メンバー揃う

6月13〜14日に開催されるバーチャル・ル・マン24時間レースのエントリーリストが発表。リアルの世界からも、多くのトップドライバーが参戦することが確定した。

”替え玉不正”でアウディ更迭のアプト、事件を説明「ただ面白いことをしたかった」

ダニエル・アプトは、フォーミュラEの公式バーチャルレースで”替え玉”を起用した理由について説明。ただ「面白いこと」をしたかっただけだと主張した。

アプトの処分は重すぎる? ドライバー達から擁護の声「これは“ゲーム”だ」

ジャン-エリック・ベルニュは、バーチャルレースの不正行為を理由にアウディがダニエル・アプトを出場停止処分としたことについて、疑問を投げかけている。

バーチャルレース“替え玉”の大きすぎる代償……アプト、FEアウディのシートを喪失へ

フォーミュラEのバーチャルレースシリーズ、『レース・アット・ホーム・チャレンジ』にて不正行為を働いたダニエル・アプトは、アウディFEチームから出場停止を言い渡された。事実上の契約解除と見られる。

モリゾウがニュルブルクリンクのバーチャルレースに飛び入り参加! 

モリゾウことトヨタの豊田章男社長も飛び入り参加したバーチャルレース「eニュルブルクリンク レース」は、YouTube Liveでの最大同時視聴者数が約1万人を記録し大盛況となった。

フォーミュラEのバーチャル・レースで替え玉発覚。アプトに失格&罰金117万円

フォーミュラEの公式eレース第5戦で3位に入ったダニエル・アプトは、自身でマシンを操縦していなかったことが発覚。レース失格となっただけでなく、10000ユーロ(約117万円)の罰金が科せられることになった。

F1バーチャル第6戦モナコ|ラッセルが約40秒もの大差をつけ2連勝をマーク

2020年のF1モナコGPは新型コロナウイルスの影響で中止となったが、決勝レース開催日に“バーチャル”で熱戦が繰り広げられた。

”史上最大”ル・マン24時間バーチャルレース、50台のエントリーが発表

6月に行なわれるル・マン24時間レース・バーチャルレースのエントリーリストが発表された。TOYOTA GAZOO Racingは、3台がエントリーすることになった。

企画『eスポーツを知る』第4回:“二刀流”選手が語るリアル・バーチャルそれぞれの魅力

新型コロナウイルス禍の中、日本のモータースポーツ界でもバーチャルレースが盛んに行なわれている。その中でも特に精力的に“eレーシング”に参画している山下健太、野尻智紀に話を聞き、プロドライバーならではの視点からリアルレース、バーチャルレースについて語ってもらった。

スーパーGTバーチャルレース開催決定! 本山哲、脇阪寿一も参加し6月21日公開

スーパーフォーミュラに続いてスーパーGTもグランツーリスモSPORTを使用してバーチャルレースを開催することが決まった。

野尻智紀が“あえて”コントローラーパッドでSFバーチャル戦に参加した理由

5月17日にJ SPORTSで放送されたスーパーフォーミュラのバーチャルレース。参加した全員のドライバーがステアリングコントローラーを用意する中、野尻智紀だけが通常のコントーラーパッドでレースに臨んだ。

バーチャルながらリアル同様の限界バトルを披露……トップ争いを展開した坪井と平川が感想語る

『グランツーリスモSPORT』を使用して初めて行なわれたスーパーフォーミュラ現役ドライバーによるバーチャルレース。優勝した坪井翔はガス欠寸前のギリギリの状態でのフィニッシュだったことを明かした。

MotoGPバーチャル・ミサノ:アレックス・マルケスが兄下し2勝目。ロッシ地元表彰台

MotoGPのバーチャルレース第4ラウンドが行なわれた。レースではマルク・マルケスとアレックス・マルケスの兄弟バトルを弟のアレックスが僅差で兄を破って勝利した。

SFバーチャルレース|最終ラップで劇的な逆転をみせた坪井翔が優勝

スーパーフォーミュラの現役ドライバーが集まってオンラインレースを開催。オートポリスを舞台にして行なわれた第1戦は坪井翔が優勝を飾った。

世界最大バーチャルレース、『ル・マン24時間バーチャル』が6月13〜14日に開催

FIAとACOは、究極のeスポーツ耐久レース『ル・マン24時間バーチャル』を6月13〜14日に開催することを発表した。

ハミルトン「レースゲームはちょっと……」ドライバー仲間と遊ぶのはシューティング系?

F1王者のルイス・ハミルトンは、新型コロナウイルスによってシーズンが中断されている間に他のドライバーのようにeスポーツへは参加していない。彼はシミュレータには興味がないと語っている。

企画『eスポーツを知る』第3回:eレーサーはリアルレーサーと相反する存在なのか?

eレースの世界を極めし者たち。彼らはリアルレースのドライバーたちとは全く異なる存在なのか? そんな彼らの生態に迫るため、グランツーリスモのトップ選手である山中智瑛と宮園拓真に話を訊いた。

”インディ175”でノリスとクラッシュしたパジェノーはやりすぎだった?

インディカーのシムレース”インディ175”で、ランド・ノリスとシモン・パジェノーが接触する事故が起きた。これは、パジェノーが”仕返し”した事例だったのか?

フェルッチ、インディ175の劇的クラッシュを自己弁護「これはあくまで”ゲーム”」
ビデオ・インサイド

フェルッチ、インディ175の劇的クラッシュを自己弁護「これはあくまで”ゲーム”」

サンティノ・フェルッチは、インディカーのバーチャルレース最終戦、フィニッシュ直前に引き起こしたクラッシュについて、自身を擁護した。

レッドブル・ホンダがバーチャルで初優勝! アルボンがルクレールとの激闘を制する

F1バーチャルGPの第5戦は、前回2位に終わったアレックス・アルボンがリベンジを果たし、バーチャルレース初優勝を飾った。

ノリスも連勝狙い参戦! インディカーのバーチャルレース最終戦は”インディ175”

INDY CAR iRacing Challengeの最終戦は、5月2日(土)にインディアナポリスを舞台に実施。ランド・ノリスも前戦に続いて参戦する。