広がるトップチームとBクラスの格差。ペレス、F1にとって大損害と警鐘

シェア
コメント
広がるトップチームとBクラスの格差。ペレス、F1にとって大損害と警鐘
執筆: Scott Mitchell
協力: Oleg Karpov
2018/08/21 8:16

トップ3とそれ以外のチームのパフォーマンス格差が大きい現状について、ペレスはF1にとって大きなダメージになっていると語った。

 セルジオ・ペレス(フォースインディア)は、トップ3チームとそれ以外という”2クラス”に分かれているような現状が、F1に大きな損害を与えていると主張した。

 近年のF1は、メルセデスとフェラーリ、レッドブルの3チームがコンストラクターズランキング上位を独占しているような状態。2014年と2015年はウイリアムズがレッドブルを上回ったものの、2016年以降トップ3チームと中団チームのパフォーマンス差は広がるばかりだ。

 ペレスが所属するフォースインディアは、2016年と2017年にコンストラクターズランキング4位となり、中団チームのトップとなった。

 2016年以降、メルセデス/フェラーリ/レッドブル以外のドライバーが表彰台に上がったケースは、わずか5回しかない。そのうちの3回を、ペレスが獲得している(2016年のアゼルバイジャンとモナコ、2018年のアゼルバイジャン)。その他の2回は、当時ウイリアムズにいたバルテリ・ボッタス(2016年カナダ)と、ウイリアムズのランス・ストロール(2016年アゼルバイジャン)となっている。

 以前ザウバーに在籍していたペレスは、2012年シーズンに3度の表彰台獲得を経験しているが、それ以来F1は大きく変わってしまっていると考えている。

「かなり難しくなっている。新しい世代のマシンになって、予算の違いがかなり大きくなっている」とペレスはmotorsport.comに語った。

「とても戦うことはできない。最近4、5年は、F1の中にカテゴリーがふたつあったようなものだった」

「”ベスト・オブ・ザ・レスト”(トップ3チームを除いた中の首位)になった時に、『レースに勝った』だとか『チャンピオンシップをリードしている』と話すなんて、以前はなかったことだ」

「そんなのあるべき姿じゃない。それはF1というスポーツに大きなダメージを与えている」

 ハースのケビン・マグヌッセンは、トップ3チームを除いた”クラスBチャンピオンシップ”を計算し、モチベーション向上に繋げているとmotorsport.comに明かした。中団チームにとって、本当のタイトル争いに絡むのは夢のまた夢だからだ。

 現在、”クラスBチャンピオンシップ”のトップにつけているのは、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグだ。

「トップ6はまさに”トップ6”なんだ。彼らは手の届かないところにいる」

 そうヒュルケンベルグはmotorsport.comに述べた。

「いちドライバーとしては不満が溜まるし、がっかりしている。だが仕方のないことだ。毎回、自分自身とマシンの力を最大限に引き出し、チームメイトを倒すことを目標にしている」

「自分たちにできるベストな結果を求めるんだ」

 次にF1のレギュレーションが大きく変更されるのは、2021年の予定だ。その際、マシンとエンジンの規則変更に併せて、広範囲に渡るリソース制限と公平な賞金配分の導入が目指されている。

 ペレスは、ルールの不安定さがビッグチームに有利に働いていると考えているものの、大変革によって多くのチームが勝利を狙えるようになることを望んでいる。

「2021年に5つのチームが毎回優勝を争うことで、このスポーツが恩恵を得ることを本当に願っている」

「その夢は実現できるはずだ。いちファンとして、それを見てみたい」

次の F1 ニュース
ランド・ノリス、ベルギーGPのFP1でアロンソのマシンをドライブ

前の記事

ランド・ノリス、ベルギーGPのFP1でアロンソのマシンをドライブ

次の記事

「レッドブル昇格を聞いて、すぐプールに飛び込んだ!」喜ぶガスリー

「レッドブル昇格を聞いて、すぐプールに飛び込んだ!」喜ぶガスリー
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース