F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

F1カナダFP3:フェラーリワンツーでまたも速さ見せる。レッドブルは5、6番手

シェア
コメント
F1カナダFP3:フェラーリワンツーでまたも速さ見せる。レッドブルは5、6番手
執筆:
2019/06/08 16:36

F1カナダGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 F1第7戦カナダGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分10秒843でトップタイムを記録した。

 FP3はコンディションは気温18℃、路面温度37℃と、予選・決勝が行われる昼下がりの時間帯と比べると少し涼しめな気候の下で、60分間のセッションが開始された。

 マクラーレン、ハースらが先頭をきってコースイン。初日に苦戦し、ドライバーふたりが「改善策を見つける必要がある」と口にしていたトロロッソ勢も早めにコースへと出ていった。しかし、どのチームもインスタレーションを終えるとピットに戻り、コース上にはロバート・クビサ(ウイリアムズ)1台となった。

 クビサは1分16秒732を計測するも、それに続くドライバーはなく、コンディションの改善を待ってか各車ガレージ内でしばしの間待機。開始から17分頃にケビン・マグヌッセン(ハース)が再びコースインし、ダニール・クビアト(トロロッソ)やピエール・ガスリー(レッドブル)のホンダ勢もそれに続いた。

 その後は徐々に各車タイム計測に入っていき、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が1分11秒596を記録してトップに立つ。チームメイトのセバスチャン・ベッテルは1分11秒706でそれに続いた。メルセデス勢は1分11秒台に踏み入れることができず3と4番手につけた。その後ろにはミディアムタイヤを履いたレッドブルの2台が入り、3強チームが2台ずつ続く形となった。

 そんな中、ランス・ストロール(レーシングポイント)のマシンがピットロード上でストップ。マシン後方からは煙が上がっており、チームの無線によるとハイドロリック(油圧系)のトラブルだという。

 残り20分の段階で全車がピットに戻り、最後の走行に備えていく。しばらくしてバルテリ・ボッタス(メルセデス)が先陣を切ってコースイン。この日2セット目のソフトタイヤを投入して1分11秒531を記録。トップタイムとなった。

 その後、フェラーリ勢もタイム計測に入り、ベッテルが1分11秒478でトップタイムをマーク。ルクレールはさらにそれを上回り、1分11秒058でトップに立った。ルイス・ハミルトンも自己ベストをマークするが、ルクレールには及ばず2番手となった。なお、ルクレールはベストタイムを1分10秒982にまで更新し、ついに1分10秒台に突入した。

 ここまでミディアムタイヤでタイムを刻んでいたレッドブル勢は残り10分でソフトタイヤを履いてコースイン。フェラーリ勢からは1秒前後のギャップがあるものの、マックス・フェルスタッペン、ガスリーともに1分11秒台にタイムを乗せた。

 終盤にはベッテルが再びアタックをかけ、1分10秒843をマークしトップタイムを塗り替えた。その後上位層でタイムの更新は起こらないまま、セッション終了を迎えた。

 最終的にトップタイムはベッテル、2番手にはルクレールが続いたことで、FP2に続いてフェラーリがワンツーを占め、予選に向けて弾みをつけた格好となった。

 3番手はハミルトン、4番手がボッタスと、メルセデスはフェラーリに先を行かれる結果となったが、彼らは予選で大勢をひっくり返したことが何度もあることから、予選でどこまでタイムを縮めてくるかが注目のポイントとなりそうだ。

 レッドブル勢はフェルスタッペンが5番手、ガスリーが6番手でトップ3チームとしての位置につけたと言えるが、ベッテルからは約1秒離され、“ベスト・オブ・ザ・レスト”のダニエル・リカルドがコンマ2秒差に迫っており、予断を許さない状況となった。

 7番手のリカルド以下、中団勢は例によって大混戦。トロロッソ勢はクビアトが10番手、アレクサンダー・アルボンが14番手と、何とか食らいついた印象だ。ただ、リカルドからアルボンまでの8台はコンマ4秒差以内の僅差であり、Q3進出をかけた争いはかなり白熱することが予想される。

【リザルト】F1カナダGPフリー走行3回目タイム結果

順位 ドライバー タイム 前車との差
1 Germany セバスチャン ベッテル 1'10.843    
2 Monaco シャルル ルクレール 1'10.982 0.139 0.139
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 1'11.236 0.393 0.254
4 Finland バルテリ ボッタス 1'11.531 0.688 0.295
5 Netherlands マックス フェルスタッペン 1'11.842 0.999 0.311
次の記事
F1カナダFP3速報:ベッテルがトップタイム。レッドブルのフェルスタッペンが5番手

前の記事

F1カナダFP3速報:ベッテルがトップタイム。レッドブルのフェルスタッペンが5番手

次の記事

【動画】F1カナダGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】F1カナダGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
サブイベント フリー走行3回目
執筆者 戎井健一郎