F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

F1シンガポールFP2:ハミルトンがトップタイム。フェルスタッペンは2番手で肉薄

シェア
コメント
F1シンガポールFP2:ハミルトンがトップタイム。フェルスタッペンは2番手で肉薄
執筆:
2019/09/20 22:34

F1シンガポールGPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトンだった。

 F1第15戦シンガポールGPのフリー走行2回目が行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムを記録した。

 日没前に行われたFP1では、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマーク。予選・決勝と同じく夜に行われるFP2は、気温29℃、路面温度34℃というコンディションでスタートした。

 まずはキミ・ライコネン(アルファロメオ)が先頭でコースイン。そのままタイム計測に入り、1分43秒996をマークした。

 多くのチームがミディアムタイヤやハードタイヤを使用する中、ウイリアムズとレーシングポイントはソフトタイヤでタイムを刻み、タイムシートの上位に名を連ねた。

 上位陣ではまずハミルトンが1分40秒685でトップに。その後、バルテリ・ボッタス(メルセデス)やフェラーリ勢もタイムを計測するが、ハミルトンのタイムを上回ることができなかった。

 そんな中、フェルスタッペンはハードタイヤで1分40秒694をマーク。2番手に浮上してみせたが、ハミルトンが1分39秒991に自己ベストを更新し、フェルスタッペン以下に大きな差をつけた。

 ハードタイヤで周回を重ねていたアレクサンダー・アルボン(レッドブル)だったが、ターン10のブレーキングでオーバーシュート。バリアに衝突してフロントウイングを壊してしまった。

 セッション開始から30分が経過し、上位のオーダーはハミルトン、フェルスタッペン、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ボッタスとなった。5番手はソフトタイヤのセルジオ・ペレス(レーシングポイント)、6番手はハードタイヤを履いたピエール・ガスリー(トロロッソ)だ。

 その後、各チームはソフトタイヤへと履き替え、予選を想定したアタックへと向かっていった。まずはアルボンが1分39秒943でハミルトンのタイムを上回ったが、フェルスタッペンは1分38秒957と、アルボンより1秒近く速いタイムを刻んでトップに立った。

 ハミルトンは直後に、1分38秒773でトップタイムを塗り替えた。フェラーリ勢はともに1分40秒台に終わり、ルクレールが5番手、セバスチャン・ベッテルが6番手となった。なお、ベッテルは2度目のアタックでタイムを上げ、ハミルトン、フェルスタッペンに次ぐ3番手となった。

 終盤は例によって、各車ロングランに時間を割いた。ほとんどのマシンがソフトタイヤでコースインしたが、ボッタスとロバート・クビサ(ウイリアムズ)はミディアムタイヤ、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)はハードタイヤで周回を重ねた。

 なお、シンガポール市街地コースはコース幅が狭く、ブレーキングポイントも多いため、ドライバーは他のマシンに引っかかりやすい。そのため、多くのドライバーが無線で不満を訴えるシーンが各所で見られた。

 最後の10分間は、多くのチームが硬めのコンパウンドのタイヤに履き替えて、さらなる確認を行った。程なくしてチェッカーフラッグが振られ、ハミルトンがトップのままセッションが終了した。

 FP1トップのフェルスタッペンは2番手に終わったが、ハミルトンとのギャップはわずか0.184秒。土曜以降に期待が持てる結果となった。3番手以下はベッテル、ボッタス、アルボン、ルクレールとなったが、タイムの面では上位2台が抜きんでていた。

 中団勢はFP1と同じく、マクラーレン、ルノー、トロロッソの3チームが上位に名を連ねた。トロロッソはピエール・ガスリーが10番手、ダニール・クビアトが11番手だった。

【リザルト】F1第15戦シンガポールGPフリー走行2回目タイム結果

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 29 1'38.773     184.532
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 29 1'38.957 0.184 0.184 184.189
3 Germany セバスチャン ベッテル 31 1'39.591 0.818 0.634 183.016
4 Finland バルテリ ボッタス 30 1'39.894 1.121 0.303 182.461
5 Thailand アレクサンダー アルボン 30 1'39.943 1.170 0.049 182.371
6 Monaco シャルル ルクレール 31 1'40.018 1.245 0.075 182.235
7 Spain カルロス サインツ Jr. 33 1'40.145 1.372 0.127 182.004
8 Germany ニコ ヒュルケンベルグ 30 1'40.324 1.551 0.179 181.679
9 United Kingdom ランド ノリス 35 1'40.361 1.588 0.037 181.612
10 France ピエール ガスリー 32 1'40.637 1.864 0.276 181.114
次の記事
【動画】F1第15戦シンガポールGP:FP2のハイライト動画

前の記事

【動画】F1第15戦シンガポールGP:FP2のハイライト動画

次の記事

明暗分かれたレッドブル・ホンダのふたり。フェルスタッペン「僕には競争力がある」

明暗分かれたレッドブル・ホンダのふたり。フェルスタッペン「僕には競争力がある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第15戦シンガポールGP
サブイベント FP2
執筆者 戎井健一郎