2デイ、簡単ではなかった初日……ホンダPU勢は4台トップ10入り「決勝へ最大限プッシュ」

シェア
コメント
2デイ、簡単ではなかった初日……ホンダPU勢は4台トップ10入り「決勝へ最大限プッシュ」

イモラ・サーキットでのエミリア・ロマーニャGPの予選では、ホンダのパワーユニット搭載マシン全4台がトップ10入りを果たした。田辺豊治F1テクニカルディレクターは、全車がポジティブな結果で終われるようにしたいと語った。

 イモラで開催中のエミリア・ロマーニャGP。史上初の2デイ開催となった初日、1回のみのフリー走行を経て、予選が行なわれた。

Read Also:

 この予選でホンダPU(パワーユニット)搭載勢は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが3番手、アルファタウリのピエール・ガスリーが4番手と、グリッド2列目を占めた。そのほか、全4台がトップ10入りを果たすなど、ホンダPU勢は好調ぶりを示している。

「2日間開催となったエミリア・ロマーニャGP初日は、午前中のフリープラクティス90分でマシンとPUの最適化を行ない、午後には予選を戦うという忙しい一日になりました。短時間でセットアップを煮詰めなければならず、車体・PUともに事前の準備も含めて簡単ではありませんでした」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、そうプレスリリースにコメントを寄せた。

「そのような中でも、午後の予選ではホームグランプリとなったアルファタウリの2台がそろって今季ベストリザルトを獲得し、ホンダとしても昨年のメキシコGP以来の4台揃ってQ3進出と、良い結果を残すことができました」

「レッドブルのフェルスタッペン選手は、Q2で電装系のトラブルにより部品交換を余儀なくされ1度のみのタイムアタックになりましたが、きっちりQ3進出を果たして3番グリッドを獲得。作業に当たったチームとホンダのメカニックがいい仕事をしてくれました。アルファタウリのガスリー選手はここのところの好調を維持し自身のキャリア最高に並ぶ4番手獲得と、素晴らしい走りでした」

「明日、ホンダPUを搭載した2台のマシンが2列目のグリッドからレースをスタートすることを楽しみにしています」

「また、レッドブルの(アレクサンダー)アルボン選手が6番手、アルファタウリの(ダニール)クビアト選手が今年初のQ3進出で8番手と、それぞれ明日に向けて期待を持てる結果になりました」

 田辺テクニカルディレクターは、毎回”4台完走、4台入賞”を目標に掲げている。今回はそれも、非常に現実味を帯びていると言えそうだ。

「4台入賞が可能なポジションですので、きっちりとレースを走り切り、2チームともにポジティブな結果で終われるようにここからも最大限プッシュを続けていきます」

Read Also:

F1エミリア・ロマーニャ予選:ボッタス逆転PP。フェルスタッペン3番手、ホンダPU全4台がQ3進出

前の記事

F1エミリア・ロマーニャ予選:ボッタス逆転PP。フェルスタッペン3番手、ホンダPU全4台がQ3進出

次の記事

ボッタス、渾身のアタックで得たポールに“震え”来たる。決勝でハミルトン抑えられるか

ボッタス、渾身のアタックで得たポールに“震え”来たる。決勝でハミルトン抑えられるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリアロマーニャGP
サブイベント 予選
チーム レッドブル・ホンダ , アルファタウリ・ホンダ