DAZN、2021年のF1も全戦配信決定「他のスポーツファンも興味を持ち始めている」

2016年のシーズン後半からF1を全セッション配信してきたDAZNが、2021年シーズンも引き続きF1全戦を配信することが決まった。

DAZN、2021年のF1も全戦配信決定「他のスポーツファンも興味を持ち始めている」

 スポーツチャンネルDAZNは、2021年シーズンのF1も全戦配信することを公式SNSで発表した。

 2016年のベルギーGP以降、F1全セッションを配信してきたDAZN。来シーズンも引き続き、全セッションが同プラットフォームで楽しめることになった。

Read Also:

 DAZNのF1統括シニア・プロデューサーである天野勇次氏は、F1配信の継続が決まったことについて「とても嬉しいです」とmotorsport.comに対して語った。

「来シーズンは、ホンダのF1における最後の1年ということになります。そして、今年FIA F2で活躍した角田裕毅選手のF1デビューも期待されています。そんなシーズンもこれまで同様配信できることになり、とても嬉しく思っています」

 そう天野氏は語る。

「DAZNはJリーグや海外サッカー、プロ野球といったコンテンツのファンが非常に多いサービスです。しかし4年半という時間をかけ、そういったスポーツのファンの皆さんにも、F1に興味をお持ちいただけるようになってきたと、ひしひしと感じております」

「またホンダの活躍、角田選手のF2での活躍もあり、F1への注目度は間違いなく高まっているように思います。今やDAZNにとっても、F1はなくてはならないコンテンツのひとつです」

「今年はコロナ禍の影響で、大変なシーズンになりました。しかし来季は元に戻り、史上最多の23戦開催が実現するのが楽しみです。我々も楽しんでいただける番組を制作できるよう、頑張って参ります」

 今シーズンは、メルセデスのルイス・ハミルトンが圧倒的な強さを発揮し、史上最多タイとなる、7回目のワールドチャンピオン獲得を決めた。しかしそんな中でも、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが一矢報いるシーンもあった。さらにイタリアGPではアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが、そしてサクヒールGPではレーシングポイントのセルジオ・ペレスが優勝するなど、大番狂わせのレースもあった……ある意味例年以上に劇的なシーズンになったと言えるだろう。

 また上記に名前が挙がった面々以外にも、個性豊かなドライバーが揃っている。

 今シーズンは、今週末のアブダビGPが最後の1戦。しかし来季もさらに面白く、劇的なシーズンが展開されることを願ってやまない。

 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、コロナ陰性に。最終戦アブダビGPへの出場が認められる

前の記事

ハミルトン、コロナ陰性に。最終戦アブダビGPへの出場が認められる

次の記事

ピエトロ・フィッティパルディ、来季のレース復帰を目指すも「F1には残っていたい」

ピエトロ・フィッティパルディ、来季のレース復帰を目指すも「F1には残っていたい」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1