角田裕毅、予選Q1で痛恨のクラッシュ「プッシュしすぎた……馬鹿げたミスだった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、エミリア・ロマーニャGPの予選Q1でクラッシュ。ノータイムに終わった。このクラッシュは自身のミスだったと、角田は語る。

角田裕毅、予選Q1で痛恨のクラッシュ「プッシュしすぎた……馬鹿げたミスだった」

 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、エミリア・ロマーニャGPの予選Q1最初のアタックでクラッシュ。予選をノータイムで終えることになった。

 このクラッシュについて角田は、次のようにSkyのインタビューに語った。

「正直言って、コーナーの入り口でプッシュしすぎてしまっただけです」

 角田はそう語った。

「それまでのラップは、実は素晴らしいモノでした。1セットのタイヤで、簡単にQ1を突破できたと思います。少し興奮しすぎてしまいました。僕としては、馬鹿げたミスだったので、チームには本当に申し訳ないと思っています。今日は気持ちを入れ替えて、明日のレースに挑む必要があります」

 角田は、今晩マシンを修復しなければいけないチームのメカニックたちを気遣った。

「僕としては、痛みを感じるようなことはありません。僕のことよりも、マシンが心配です。リヤを見ると、かなりひどく壊れているように見えました。マシンが明日に向け、ちゃんと修理されることを願っています。チームには、本当に申し訳ないです」

 角田はこれで、最後尾から追い上げるレースを強いられることになる。ここイモラはオーバーテイクが難しいと言われるが、雨が降れば助けになるはずだと角田は語る。

「明日は、コンディションが変わると思います。おそらく雨でしょう。僕の手助けをしてくれたら……と思っています」

「とにかく全てをまとめ上げ、今日のようなミスをしないようにしなければいけません。少し違う見方になると思いますし、コンディションも違うと思います。だから明日は、状況に適応し、最後まで攻め続けなければいけません」

 

Read Also:

シェア
コメント
開幕戦に続き2戦連続? 予選で紳士協定を破ったとの指摘にマゼピン「今回は問題ないと思っている」

前の記事

開幕戦に続き2戦連続? 予選で紳士協定を破ったとの指摘にマゼピン「今回は問題ないと思っている」

次の記事

予選8番手に沈んだボッタス、不安定なマシンを信頼できず「これまでになかった問題が起きていた」

予選8番手に沈んだボッタス、不安定なマシンを信頼できず「これまでになかった問題が起きていた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント エミリア・ロマーニャGP
サブイベント QU
ドライバー 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ