ホンダのF1活動終了後、若手ドライバー育成プログラムはどうなるのか?

2021年シーズン限りでF1活動を終了するホンダ。これまでホンダは、数々の若手ドライバーを育成してきた……しかしF1活動を終了することで、彼らの目指すべき目標がひとつ遠ざかったように思える。今後、ホンダのドライバー育成プログラムはどうなっていくのだろうか?

ホンダのF1活動終了後、若手ドライバー育成プログラムはどうなるのか?

 2021年シーズン、アルファタウリ・ホンダからF1デビューを果たした角田裕毅。前半戦はミスを犯したグランプリもあったものの、ハンガリーGPでは堅実に走り切って6位入賞を果たすなど、徐々に安定感が増しつつあり、後半戦にはさらなる活躍も期待される。

 その角田は、ホンダの育成としてレーシングドライバーとしてのキャリア初期を過ごし、その後レッドブル・ジュニアチーム入りも果たして、F1デビューに辿り着いた。また現在FIA F3に参戦中の岩佐歩夢も、同じような経歴を辿っている。

 しかしホンダは、今季限りでF1活動を終了する予定となっている。では来季以降、角田をはじめとする若手ドライバーの支援、そして将来のドライバー育成プログラムはどうなっていくのだろうか?

「ドライバーの育成はしっかりと続けていきたいですし、強化できるところは強化していきたいと思っています」

 そう語るのは、ホンダの長井昌也モータースポーツ部長である。

「F1参戦は終了しますが、ホンダのモータースポーツに対する気持ちは変わりません。ホンダは、創業期にはレースで育ててもらった会社です。なのでモータースポーツに貢献するということは、今後もしっかりとやらせていただくつもりです」

 これまでは、F1を目指した育成プログラムを進めてきたホンダ。その入り口とも言えるのが、鈴鹿サーキット・レーシングスクール(SRS)である。このSRSに入校する多くの若い才能は、F1を目指すと公言する。しかしホンダがF1参戦を終了することで、その”目標”とも言えるF1は、遠ざかったようにも思える。

「我々がF1に出ていないのに、どうやってF1を目指す若者を育成するのかという部分はあります」

 そう長井モータースポーツ部長は語る。

「スクールの中身は、今まで以上に濃いモノにしていくことができると思います。しかしホンダはF1に参戦しなくなりますので、そんな中で若いみなさんがどうやって自分のキャリアの道筋をF1や頂点レースに向けてイメージできるかというところは大事だと思います」

「そういう部分は我々も考えますが、活動はしっかりと継続し、さらに積極的にやっていきたいと考えています」

「角田選手に関しても、来年の1月からはもう関係ない……ということはもちろんありません。我々のプログラムの中で育ってきてくれたドライバーですので、形は考えなければいけませんが、ホンダとして彼を応援する仕組みは、やっていきたいと思います」

 なおドライバー育成に関しても、ホンダはレッドブルと半ば提携する形で近年は進んできた。その結果として、角田や岩佐がレッドブル・ジュニアの一員となったわけだ。これについては今後はどうなっていくのだろうか?

「これについても、現時点では”こうしよう”という決まったモノはありません」

 長井モータースポーツ部長はそう説明する。

「我々としては、ここまで一緒にやってきたわけですから、これからも続けられたらいいと思っています。どういう形になるかは分かりませんが」

「レッドブルさん次第というところもありますが、良い協力体制を築けているなということを感じています」

 

Read Also:

シェア
コメント
“世界王者”となったニック・デ・フリーズ。見据える先はフォーミュラEでの栄光? それともF1へのチャレンジ?
前の記事

“世界王者”となったニック・デ・フリーズ。見据える先はフォーミュラEでの栄光? それともF1へのチャレンジ?

次の記事

レッドブル陣営、来季もドライバーラインアップ継続が濃厚か。レッドブル代表「我々は”良い状態”にある」

レッドブル陣営、来季もドライバーラインアップ継続が濃厚か。レッドブル代表「我々は”良い状態”にある」
コメントを読み込む