F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

F1、2021年から予算を約189億円に制限へ。PU開発費用は含まれず

シェア
コメント
F1、2021年から予算を約189億円に制限へ。PU開発費用は含まれず
執筆:
2019/06/07 21:49

2021年シーズンから、各F1チームの予算が年間約189億円に制限されることになるようだ。

 F1は2021年シーズンから、各F1チームの予算を年間1億7500万ドル(約189億円)に制限するようだ。これにより、巨額の予算を投じていたメルセデスやフェラーリ、レッドブルは一部の予算を削減することを強いられるようになりそうだ。

 2021年にレギュレーションの刷新を予定しているF1は、新しくF1財務規則を作成。これにコストキャップ(予算制限)が明記されることになるだろう。

 当初は、1億7500万ドルよりも高い金額からコストキャップをスタートし、徐々に額を下げていく計画であった。インフレが起きた場合に予算を上方修正する準備はあるものの、2021年から5シーズンに渡ってコストキャップを1億7500万ドルとする妥協案に落ち着いた格好だ。

 ただ、このコストキャップにはドライバーの給与やマーケティング費用、そしてパワーユニットに関連する費用は含まれていない。

 大規模チームは、コストキャップに含まれる分野では現状で2億2000万ドル〜2億5000万ドル(約238億円〜270億円)を費やしている。そのため、それほど極端な予算削減が行われるわけではなさそうだ。

 F1側は首尾よくコストキャップの監視を行うことができると確信している。そしてもしチームがこれに違反した場合、ポイント剥奪のような重大なペナルティを与えることが可能な規則になるようだ。チーム代表は、FIAのライセンスを失う可能性すらあるという。

 2020年に向けては、各チームはコストキャップの”予行演習”を行うための監視用口座の開設を要請されているが、これは強制ではないようだ。

次の記事
F1カナダFP2:ルクレール首位。フェルスタッペン、ハミルトンは接触でアタックできず

前の記事

F1カナダFP2:ルクレール首位。フェルスタッペン、ハミルトンは接触でアタックできず

次の記事

レッドブルの”混乱”がフェルスタッペンのクラッシュ招いた?

レッドブルの”混乱”がフェルスタッペンのクラッシュ招いた?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper