F1 モナコGP

モナコGPって眠くならない? ハミルトン、レースを盛り上げる策を提案「特別なタイヤを用意して、ピット回数を増やそう!」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1モナコGPが退屈なレースになるのを避けるべく、特別フォーマットの採用を提案した。

Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 Team, signs autographs for fans

 F1における市街地レースを象徴するモナコGPは、2029年に誕生から100周年を迎える。狭い施設や時代錯誤のコースレイアウトに毎年不満の声が上がる中、サーキット自体はいまだにドライバーたちを魅了している。

 モナコGPの予選は、シーズンの中でも他では見られないほど白熱する一方で、決勝レースではオーバーテイクがほとんど不可能で、戦略的な選択肢も最小限であるため、ドライバーたちは決勝レースをより面白くする方法を声高に考えるようになった。

「モナコはモナコであり続ける。それほど大きくは変わらない」

 ハミルトンはモナコGPが将来的にカレンダーに残るような存在になるために何を変えるべきかと聞かれ、そうmotorsport.comに答えた。

「クルマは大きくなっているし、ピット作業で逆転してもオーバーテイクの大きなリスクを冒すこと無くピットロードを走ることもできない」

「もっと道幅が広く、コースがワイドになったら嬉しいけど、でも、モナコは狭いから、そうなるとは思わないよ」

 ハミルトンは特別なタイヤを使い、ピット回数を増やせばレースが面白くなるはずだと語った。

「このレースのために特別なタイヤを用意してピットストップ回数を増やせば、もっと(レース展開の)バリエーションが増えるかもしれない」

「スプリント週末が新しく加えられたけど、ここでの週末はただ同じことをやるのではなく、何か新しい方式を考えるべきだと思う」

「日曜日のレースは見ていて眠くならない? だから何か別のものを作るんだ」

 フェラーリのカルロス・サインツJr.は、イベントとして“モナコに勝るものはない”としながらも、レース当日にスパイスを加える必要性は認めている。

「モナコにオーバーテイク・スポットを作るチャンスがあるなら、モナコの街を見て、レイアウトを見て、それを実現するために努力するという意味で、少しプッシュしたい」

「そうすれば、モナコはもっといいサーキットになるだろう。そうなったら日曜日に何も起こらないということがなくなり、日曜日が待ち遠しくなるだろう」

「ある意味でモナコは最高であり、これからも最高であり続ける。魅力という面で、イモラやモナコといったサーキットにおける変化を過小評価するつもりはない」

 

Additional reporting by Jonathan Noble

前の記事 F1メカ解説|超ハイダウンフォース仕様のリヤウイングが登場! 低速モナコでフェラーリとマクラーレンが新パーツでレッドブル撃破に挑む
次の記事 ルクレール、モナコ初日最速もさらなるペースアップに自信アリ「すべてをまとめられれば、もっとタイムが上がる」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本