ホンダの新F1用PU”RA621H”は「テストベンチでは期待通り」田辺豊治TDが説明

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、今シーズン使うパワーユニットについて説明。どのような変更が加えられたのかを解説した。

ホンダの新F1用PU”RA621H”は「テストベンチでは期待通り」田辺豊治TDが説明

 アルファタウリは、2021年用のF1マシン『AT02』を2月19日に発表した。これに伴い、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターもコメントを寄せ、今シーズン使うホンダのパワーユニット(PU)について説明した。

Read Also:

「テストベンチで見た数字は、我々が期待していたモノと一致しています」

 田辺テクニカルディレクターはそう語った。

「実際のレースでどれだけ競争力を発揮できるか、楽しみにしています」

 田辺テクニカルディレクター曰く、ライバルよりもパワーアップを果たすために、PUのいくつかの部分に、大きな変更を加えたという。

「どの部分に最も多くの作業を行なったのか、それを明らかにするのは難しいです。しかしパワーと信頼性を向上させるために、ICE(エンジン)とタービン、そしてERS(エネルギー回生システム)に変更を加えました」

「今年はスクーデリア・アルファタウリと組んで3年目のシーズンということになります。全体的に改善するために、PUの搭載方法やパッケージングについても改善を行ないました」

 昨年10月、ホンダは2021年限りでF1活動を終了することを発表した。そのため、当初は2022年に投入する予定だった仕様を1年前倒しし、2021年シーズンに投入すべく準備を進めたという。

「新型コロナウイルスのパンデミックが起きる前の段階で、今年(2021年)に新しいPUを投入することを予定していました」

 そう田辺は語る。

「しかしヨーロッパ各地でロックダウンが行なわれ、パーツの供給も遅れることになりました。そしてF1もファクトリーが封鎖されるなどしたため、それによる困難と制限を考慮し、新型のPU投入を2022年に遅らせることを決めたのです」

「しかし2020年の10月に、ホンダは2021年でF1活動を終了することを決定しました。それを受け、我々は状況を再度検討し、2021年に新PUを投入するよう、計画を再び変更したんです」

「この変更を行なうには、非常に厳しいタイミングでした。しかし、開発と準備のプログラムを進めることができました。ホンダとしては、F1を離れる前に、全ての技術的ノウハウを本当の意味で使い切ってしまいたいと考えたのです」

 また田辺テクニカルディレクターは、ホンダがF1を離れた後も、レッドブル・パワートレインズがホンダのPU技術を引き継ぎ、F1参戦を続けていくことになったことを歓迎した。

「アルファタウリやレッドブルとの関係、そしてホンダがこの両者とのパートナーシップからどれだけの恩恵を受けたかということを考えると、ホンダにとっては正しいことだと思います」

 そう田辺テクニカルディレクターは説明した。

「それはまた、F1の世界の一部として、我々の役割と歴史の重要性を反映したものだと思います。ホンダが今回のような形で、ふたつのチームと、このスポーツを手助けできることになり、嬉しく思っています」

Read Also:

シェア
コメント
アルファタウリF1代表、ルーキー角田裕毅に大きな期待「素晴らしいレースを見せてくれるはず」

前の記事

アルファタウリF1代表、ルーキー角田裕毅に大きな期待「素晴らしいレースを見せてくれるはず」

次の記事

ルーキー角田裕毅を迎えるガスリーが“覚悟”を語る「チームリーダーになる準備はできている」

ルーキー角田裕毅を迎えるガスリーが“覚悟”を語る「チームリーダーになる準備はできている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble