F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
Race まで
14 時間
:
14
:
41
14 8月
次のセッションまで……
5 days
28 8月
次のセッションまで……
19 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
26 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
33 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
47 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
61 days
23 10月
次のセッションまで……
75 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
83 days

一番速い者が勝つ、それがF1……メルセデス代表がリバースグリッド反対の理由を明かす

シェア
コメント
一番速い者が勝つ、それがF1……メルセデス代表がリバースグリッド反対の理由を明かす
執筆:
2020/06/04 3:25

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームがリバースグリッド導入案を拒否した理由について説明。F1はレースをエキサイティングにするために“仕掛け”をする必要はないと主張した。

 再開するF1の2020年シーズンに向けて、各チーム代表はレースをより刺激的にする方法について話し合った。特に今季の変則的なスケジュールではレッドブルリンクとシルバーストンでそれぞれ2レースを開催する予定となっており、マンネリ化が懸念される2レース目をどのような形で開催するかに焦点があてられた。

 その中でランキングを逆順にしたリバースグリッドで予選レースを行ない、その結果を元に決勝のグリッドを決めるという案が出た。多くのチームはこれに賛成したが、メルセデスは反対。承認に必要な全会一致の賛成が得られなかったため、リバースグリッドでのレースは導入が見送られることとなった。

Read Also:

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、リバースグリッドに反対した理由が3つあると明らかにした。

「以前に議論されて拒否された古いアイデアを掘り下げるのは、F1ではよくあるパターンだ」とウルフは言う。

「誰かがそれ(リバースグリッド)は素晴らしいと思い、議題に戻してきた。我々がなぜ反対したのかに注目して欲しい。そこには3つの理由がある」

「まず第1に、F1は実力主義だと思っている。最高のマシンに乗った最高の人間が勝つ。よりエキサイティングなレースにするために仕掛けをする必要はないんだ」

「次は第2の理由について説明する。ツーリングカーレースなどでは第1レースの結果を元に次のレースのグリッドを決めていて、それがうまく機能していることは分かっている」

「ただ、シュピールベルク(レッドブルリンク)の1戦目でうまくいかずリタイアしたドライバーを想像してほしい。そのドライバーは(2戦目の)予選レースをポールポジションからスタートすることになる」

「そのドライバーが中団チームのドライバーだった場合、彼は(予選レースで勝って)日曜のレースもポールからスタートし、できる限り後続を押さえ込んでそのまま優勝してしまうだろう」

「したがって、後方から追い上げる速いマシンにはリタイアのリスクも高まるし、チャンピオンシップに影響が出てしまうだろう」

「そして(3つ目の理由は)純粋なパフォーマンスの観点から言えば、最速のチームがどこであれ、彼らより前のグリッドでスタートする2番目、3番目に速いチームに対して不利になる可能性があるんだ」

「知っての通り(3強チーム間の)差は小さいことが多い。したがって特定のチームにアドバンテージを与えるというのは少しいかがなものかと思う」

 メルセデスがリバースグリッドに反対する一方で、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はこの案を熱烈に支持していた。彼はF1がこの機会に実験的なフォーマットを導入しなければ残念なことだと述べたが、ウルフはファンもリバースグリッドを望んでいないはずだと語った。

「我々はこういった実験的なことをする時ではないと言ったが、興味深いことにF1ファンの支持も受けられなかったようだ」とウルフは言う。

「調査によれば、15%の人しかリバースグリッドに関心を示していなかったそうだ」

 

Read Also:

ついに再開するF1、熾烈なバトルは変わらない? レッドブル代表、油断なし

前の記事

ついに再開するF1、熾烈なバトルは変わらない? レッドブル代表、油断なし

次の記事

メルセデス、ベッテル獲得への興味を否定せず「リップサービスではない」

メルセデス、ベッテル獲得への興味を否定せず「リップサービスではない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble