苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?

ウイリアムズは2月17日に2020年用の新車「FW43」を発表した。昨年は大苦戦の1年だったウイリアムズだが、新型マシンの基本的なコンセプトに変更はないと、設計陣は語っている。

苦戦が続くウイリアムズ、新車FW43のコンセプトに変更なし……そのメリットは?

 2020年のF1プレシーズンテスト開始まであと僅か。老舗チームのウイリアムズも他チームの例に漏れず、テストを控えたこの時期に新型マシン『FW43』の発表を行なった。

 昨年は獲得ポイント数わずか“1”と、テールエンダーのポジションが半ば定位置となっていたウイリアムズ。かつての名門チームには復活が期待されるが、チームの設計陣はマシンの基本的なコンセプトは変更されておらず、FW43は昨年のマシンFW42の進化型だと説明している。

 ウイリアムズのデザインディレクターであるダグ・マッキーナンは新車について次のようにコメントしている。

「我々はFW42の問題のあった領域を理解することに多くの努力を払い、我々が持っているリソースにとって、パフォーマンスを最大化してくれるだろう開発パーツを、慎重に選択した」

「FW43の背後にあるメインコンセプトは、FW42の継続的な開発だ。レイアウトに基本的なコンセプト変更はない。我々が正しい道を歩んでいるという最も重要な指標は、マシン設計に使用しているツールキットと、トラック上で得られるデータの間にある相関関係のレベルにある」

「風洞では健全な開発を遂げており、冷却効率でも効果的な改善を発見している。チームはブレーキやマシンの重さなどを含む2019年に起きたメカニカルな問題に対処してきた。我々はそうした領域でいくつか良い進歩を果たし、シーズンを通じてそれらに集中し続けるだろう」

 ウイリアムズのチーフエンジニアとなったアダム・カーターは、チームが大きな前進を果たすことができる領域に集中することは、正しいアプローチだったと語っている。

「FW42の中心的な構造のいくつかを保持するという決定は、新コンセプトの開発に投資するリソースを減らすことになるということを意味している。それによりチームはパッケージングとコンポーネントの細部という両方に、より余力を持って作業を最適化できる」

「いくつかのキーとなるパラメータを保持することで、リソースの効率を最大化するために、エアロダイナミクス開発の中断の無いプログラムを実施できるようになった」

「プレシーズンテストそして新シーズンに向かうにあたって最も重要なことは、近年の信頼性を継続することと、他チームと比較して相対的な進歩があることだ」

Read Also:

シェア
コメント
飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表

前の記事

飛躍の基礎を築けるか。レーシングポイント、新車『RP20』のカラーリングを発表

次の記事

F1中国GPの代替レース、イモラで開催の可能性。サンマリノGP復活か?

F1中国GPの代替レース、イモラで開催の可能性。サンマリノGP復活か?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
執筆者 Jonathan Noble