F1トルコFP1速報:グリッド降格決まったハミルトン首位、フェルスタッペン続く。角田裕毅は18番手

F1第16戦トルコGPのフリー走行1回目が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマーク。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、18番手だった。

F1トルコFP1速報:グリッド降格決まったハミルトン首位、フェルスタッペン続く。角田裕毅は18番手

 F1第16戦トルコGPのフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。

 当初のカレンダーでは、鈴鹿サーキットで日本GPが行なわれる予定だった今週末。新型コロナウイルスのパンデミックの影響で残念ながら日本GPは開催できず、F1サーカスはイスタンブール・パーク・サーキット開催のトルコGPに臨んだ。

 トップタイムをマークしたのはハミルトンで、1分24秒178をマークした。彼は今回、パワーユニットのコンポーネントを一部交換し、10グリッド降格ペナルティを受けることが決まっているが、走り出しからパフォーマンスの高さを見せている。

 今季限りでF1活動を終了するホンダへの感謝を示した特別カラーリングのマシンを走らせたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、0.425秒差の2番手。フェラーリのシャルル・ルクレールが0.476秒差の3番手に続いた。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、セッション途中マシンにトラブルがあったのか走行できない時間帯もあったが、28周走行し18番手でFP1を終えた。

 ホンダのパワーユニットを使うピエール・ガスリー(アルファタウリ)は8番手、セルジオ・ペレス(レッドブル)は10番手だった。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 26 1'24.178     228.287
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 24 1'24.603 0.425 0.425 227.140
3 Monaco シャルル ルクレール 27 1'24.654 0.476 0.051 227.004
4 Finland バルテリ ボッタス 28 1'24.842 0.664 0.188 226.501
5 Spain カルロス サインツ Jr. 25 1'24.860 0.682 0.018 226.452
6 France エステバン オコン 30 1'24.909 0.731 0.049 226.322
7 United Kingdom ランド ノリス 26 1'25.347 1.169 0.438 225.160
8 France ピエール ガスリー 30 1'25.382 1.204 0.035 225.068
9 Spain フェルナンド アロンソ 26 1'25.383 1.205 0.001 225.065
10 Mexico セルジオ ペレス 24 1'25.459 1.281 0.076 224.865

シェア
コメント
ルイス・ハミルトン、F1トルコGPは10グリッド降格へ。パワーユニットの内燃エンジンを交換

前の記事

ルイス・ハミルトン、F1トルコGPは10グリッド降格へ。パワーユニットの内燃エンジンを交換

次の記事

【F1動画】2021年第16戦トルコGPフリー走行1回目ハイライト

【F1動画】2021年第16戦トルコGPフリー走行1回目ハイライト
コメントを読み込む