速報ニュース

イモラでウイリアムズは一歩前進? ラッセル「ハースやアルファロメオと戦える」

ジョージ・ラッセルは、ウイリアムズのマシンの戦闘力が徐々に向上しているため、アルファロメオやハースとの戦いで優勢に立てるのではないかと考えている。

George Russell, Williams FW43, Antonio Giovinazzi, Alfa Romeo Racing C39, and Romain Grosjean, Haas VF-20

 ここ数年、苦しいシーズンを過ごしているウイリアムズ。今季もそれは変わらず、13戦を終えた時点で、獲得ポイントはゼロ……コンストラクターズランキングでも最下位に位置している。

Read Also:

 とはいえ今季のウイリアムズは、予選でも決勝レースでも、アルファロメオやハースと互角の戦いを繰り広げている。獲得ポイントで差がついているというのは、運が良かったか悪かったか……という部分も大きい。

 つい先日行なわれたエミリア・ロマーニャGPでも、ジョージ・ラッセルは入賞圏内を走っていた。しかしセーフティカー走行中にミスを犯してクラッシュ……リタイアに終わった。このラッセルの脱落もあり、アルファロメオ勢は望外のダブル入賞(キミ・ライコネン9位、ジョージ・ラッセル10位)を果たした。

 ラッセルはセーフティカー中のミスを「キャリア最大の失敗」だと語ったが、エミリア・ロマーニャGPにはポジティブな点がたくさんあり、今季マシンFW43への理解は大きく前進したという。

「今日起きたことを振り返るのには、数日かかると思う」

 ラッセルはエミリア・ロマーニャGPの決勝レースを終えた後、そう語っていた。

「最終的には、今回の結果から、ポジティブな面をいくつか探し出す必要があると思う。再び今回のようなポジションに戻るため、戦う必要があるからね。前向きな気持ちで、次のレースに臨む必要がある」

「正直に言って、僕にはそれができると確信している。これまでの数週間で、マシンのセットアップや理解について、いくつかの飛躍的な進歩を遂げることができたと思う」

「ハースやアルファロメオに対して優位に立てる、本当に良いポジションにいると思う。そして、彼らがセッションを最大限に活かすことができなかった場合、間違いなく順位を上げることができるだろう」

「見直し、乗り越えるのに数日が必要だというだけだ。あのミスは、もう過去のこと。今は未来を見据えている」

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1ベトナムGP、2021年開催カレンダーから除外へ。ブラジルGPはインテルラゴス継続?
次の記事 全て公開される無線交信……グロージャン「全部放送する意味なんてあるの??」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本