F1
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
53 days
Erwin Jaeggi
執筆者

Erwin Jaeggi

Erwin Jaeggiの最新ニュース

グリッド
リスト

フェルスタッペン、休暇期間中F1もシミュレータも乗れず「でも大きな問題じゃない」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ヨーロッパで敷かれている渡航制限のために、シーズン開幕が延期されている間、F1マシンに乗れなかっただけでなく、チームのシミュレータにも乗れなかったと語る。

F1仕事の流儀:テレビカメラマン編「パドックを駆け回り、効率的な取材目指す」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。今回密着する人は、間違いなくテレビには映らない……なぜなら自分自身が撮影する立場だからだ。オランダのスポーツチャンネル『Ziggo Sport』のカメラマン、マティス・ノッテンに話を聞いた。

F1仕事の流儀:セーフティカードライバー編「“慣れ”は禁物。常に高い集中力が必要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はFIAの公式セーフティカードライバーを務めるベルント・マイランダーに話を聞いた。

オランダ、9月1日までイベント禁止。MotoGPオランダは延期濃厚。F1も厳しい?

オランダのマルク・ルッテ首相は9月1日まで全ての公共イベントの中止を発表。F1、MotoGP、スーパーバイク世界選手権といった国際モータースポーツイベントも影響を受けることは回避できないと思われる。

シーズン再開後は“超忙しい”? アルファロメオF1代表「追い上げる時間が足りない」

アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、F1のシーズン再開後はレースが詰め込まれることが予想されるため、アップデートの開発に使える時間は少ないだろうと予想している。

シーズン再開後の日程が過密になれば、小規模チームにとっては厳しい?

アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れたことにより、今季後半に多くのレースが詰め込まれることになれば、小規模チームがコスト面で苦しむことになるだろうと語る。

オランダGP、無観客での実施には消極的「35年ぶりのF1を盛大に祝いたい」

F1オランダGPのスポーティングディレクターであるヤン・ラマースは、35年ぶりの開催となる2020年のレースを無観客で行なうことを検討していないと語った。

今は誰にも予測できない……新型コロナウイルス感染拡大がF1チームに及ぼす影響

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・バスールは、現在の新型コロナウイルスの危機はF1チームにどれほど深刻な影響を及ぼすかは誰にも分からず、コストの削減と仕事を守ることについて、話し合いを続けていると語る。

F1のファクトリー閉鎖期間がさらに延長へ? チーム側は「コスト削減になる」と歓迎

F1はシーズンが開幕するまでの間に各チームのコストをできる限り抑えるため、ファクトリーの閉鎖期間を数週間延長する可能性がある。

昨年母国特別ヘルメットを使えなかったクビアト、デザイン変更自由化は「良いニュース」

今季から自由化された、シーズン中のヘルメットデザイン変更。昨年はレギュレーションに阻まれ、母国仕様の特別ヘルメットを使えなかったアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは、この規則変更について「良いニュース」と歓迎する。

レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、ヘルメットデザイン変更自由化を”歓迎”

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今季からヘルメットのデザイン変更が自由化されたことを歓迎しつつも、「自分は毎戦変えることはない」と語った。

「ナンバーワンはひとりで十分」フェルスタッペン、フェラーリ加入を否定

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールの僚友としてフェラーリF1のマシンを走らせることは無いだろうと話した。

フェルスタッペン、残る4レースでの優勝は厳しいと予想「表彰台が最大限の結果」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2019年シーズンの残り4レースでは表彰台獲得が“現実的な”目標になると考えている。

フェルスタッペン、理想の相棒はリカルド?「僕を高めてくれる人が良い」

マックス・フェルスタッペンは、ダニエル・リカルドのような経験豊富なドライバーが理想のチームメイトだと考えている。

レッドブル重鎮、ホンダに絶大な信頼「来年はフェラーリ&メルセデスと互角だ」

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、2020年にはホンダPUのパワーはフェラーリやメルセデスと同等になると確信しているという。

レッドブル、メキシコGP後までに2020年ドライバーを決定へ。アルボン最有力?

レッドブルはメキシコGPの後にも、来季のドライバーラインアップを発表する予定だ。チームはアレクサンダー・アルボンのパフォーマンスを認めており、彼がマックス・フェルスタッペンのチームメイト最有力候補であると言える。

タイトルを狙えるマシンが足りない……サインツJr.が“良い”マシン不足に懸念

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、有力なドライバーに対して十分な数の“良い”マシンが無いと語り、タイトルを狙えるマシンが不足していることに不満を示した。

サインツJr.、移籍初年度の苦労語る「マシンの挙動がチームごとにかなり違う」

カルロス・サインツJr.は、人々が想像する以上にマシンごとの操作性が異なっていると言い、チームを移籍したばかりのドライバーは過小評価されがちだと語った。

「F1は今も難しい」フェルスタッペン、“カートの方が疲れる”説を一刀両断

マックス・フェルスタッペンは現在のF1も十分に難しく、ロマン・グロージャンが語った「カートのほうが難しい」という話は“馬鹿げている”と否定した。

F1復帰目指すオコン、来季のシート獲得は?「すぐに発表されることを願う」

メルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンは、自身の将来が近い内に決まることを望んでいる。

フェルスタッペン、“あと少しのパワー”でレッドブルは劇的に変わると語る

マックス・フェルスタッペン曰く、“あと少しのパワーとあと少しのバランス”があれば、今後のレースにおけるレッドブル・ホンダの状況が全く異なったものになると語った。

今のF1には“独裁者”が必要? フェルスタッペン、持続性のある規則を望む

マックス・フェルスタッペンは、現在のF1はチームがあまりにも私利私欲を主張しすぎているので、ルールを適切に管理する“独裁者”が必要だと語った。

アッセン、オランダGP開催に向けて交渉再開へ「今すぐにでも契約したい」

オランダGP財団は、ザントフォールトとFOMの独占交渉期間が終わったことを受けて、TTサーキット・アッセンでのグランプリ開催を再び模索しているようだ。

まるで動物の様にプッシュした……ポイント獲得へ”攻めた”クビアト

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1復帰初戦でポイントを獲得するため、”動物の様に”プッシュしたと語る。