才能ある若手の当たり年……F1を目指すフェラーリ3人の若手は”頭痛”の種?

フェラーリのスポーティング・ディレクターであるローレン・メキーズは、チームの育成ドライバーの中に、F1を目指せそうな才能ある存在が多くいることは、頭痛の種ではないと語る。

才能ある若手の当たり年……F1を目指すフェラーリ3人の若手は”頭痛”の種?

 今季のFIA F2では、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)の所属ドライバーたちの活躍が著しい。中でもミック・シューマッハー、カラム・アイロット、ロバート・シュバルツマンの3人は、タイトル争いの真っ只中にいる。

【ギャラリー】SF71-Hを走らせたFDAの”才能溢れる”3人

 その3人は9月30日(水)に、フィオラノ・サーキットで2018年型のフェラーリF1マシン”SF71-H”をドライブ。シュバルツマンにとっては初のF1マシンドライブとなった。

 シューマッハーとアイロットは、来週末に開催されるアイフェルGPのFP1で、F1公式セッションデビューを果たす予定。シューマッハーはアルファロメオ、アイロットはハースのマシンをドライブすることになっている。またシュバルツマンも、チームは未定ながら最終戦アブダビGPのFP1を走ることになっている。

 その最終戦の後、アブダビで行われる若手ドライバーテストでは、3人が揃って走行する予定だ。

 シューマッハーは、現在F2でランキング首位に立っており、2番手アイロットに22ポイントの差をつけている。シュバルツマンはシューマッハーから51ポイント差のランキング5番手だが、まだタイトル獲得の可能性を残している。

 ある情報筋によれば、シューマッハーについては、今季のF2でランキング3位以上に入れば、来季F1にデビューすることが保証されているという。またアイロットについても、アイフェルGPという早い段階でFP1走行のチャンスが与えられたのは、フェラーリが来季のF1デビューを望んでいることの表れだと言われる。

 フェラーリは現在、アントニオ・ジョビナッツィがドライブしているアルファロメオのシートの指名権を手にしている。また、ハースにひとりのドライバーを送り込むことについても、話し合いが進められているという。

 水曜日に3人がフィオラノで走る前の段階で、フェラーリのスポーティング・ディレクターであるローレン・メキーズは、才能あるドライバーがFDAの中に3人もいることは非常にポジティブであり、彼らの長期的な未来をマネジメントすることが、とても重要であると強調した。

「頭痛の種などではないよ。彼らがいるということは、良いことだ」

 そうメキーズは語った。

「彼らはとても良い仕事をしている。ミックとカラムは昨年と比べて大きく進歩しているし、チャンピオンシップを完全にリードしている」

「ロバートは(F2の)最初の年にもかかわらず、すぐに彼らと戦うことができるようになっている。3人のパフォーマンスには、とても満足しているよ。マーカス(アームストロング)とジュリアーノ(アレジ)は、確かに少し苦労している」

「しかし、今年のトップ3のメンバーに関する限り、我々は非常に満足している。それは我々にとっての頭痛の種ではない。我々の将来に、多くの安定性と選択肢を与えることになる。それこそが、我々がFDAに求めているものだ」

「もちろん、3人がほぼ同時に”適切”な場所にたどり着く可能性があってもそれが常に可能だとは限らないと意識している」

「しかし我々は、彼らにできる限りその可能性を表現するためのチャンスを確実に与えるためのツールを持っていると思う。それはF2であり、テストであり、来年にはさらにそれが増え、その次の年にはもっと可能性が広がるはずだ」

 メキーズ曰く、彼ら3人の間に、レースシートをめぐる戦いはないという。

「シートを争う激戦が行なわれているわけではない。彼らが成長し続けることを確実にする方法を見つけようとしているのだ」

「結局のところ、それはシャルル(ルクレール)の例でも見てきたし、その他多くの才能あるドライバーでもそれを見てきた。それは成長に関することだ。F1のドアの前に立っている時、成長が止まることはないだろう」

「我々としては、決定を下すために急いでいるということはない」

Read Also:

【ギャラリー】SF71-Hを走らせたFDAの”才能溢れる”3人

シェア
コメント
リバースグリッド導入はハードル高し。レッドブル代表「試すなら”非選手権レース”で」

前の記事

リバースグリッド導入はハードル高し。レッドブル代表「試すなら”非選手権レース”で」

次の記事

【速報】ホンダ、2021年限りでのF1活動終了を発表

【速報】ホンダ、2021年限りでのF1活動終了を発表
コメントを読み込む