【速報】ホンダ、2021年限りでのF1活動終了を発表

ホンダは10月2日にオンラインで記者会見を行ない、2021年限りでF1活動を終了することを発表した。

【速報】ホンダ、2021年限りでのF1活動終了を発表

 10月2日(金)の17時からホンダはオンライン会見を開き、2021年シーズン限りでF1でのパワーユニット供給活動を終了することを発表した。

Read Also:

 ホンダは2015年からF1に復帰。当初はマクラーレンにパワーユニットを供給する形だったが、このコンビネーションはなかなかうまくいかず、2017年限りで関係解消。2018年からは1年間トロロッソへのパワーユニット供給を経て、2019年シーズンからはレッドブルとのパートナーシップもスタートさせた。

 このレッドブルとのプログラムは、1年目から効果を発揮。第9戦オーストリアGPでF1復帰後初優勝。その後ドイツGPとブラジルGPにも勝利することとなった。

 2020年にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが第5戦F1 70周年記念GPで優勝。大波乱となった第8戦イタリアGPでは、アルファタウリのピエール・ガスリーが勝利を収めている。

 ようやく勝利を手にできるようになったこのタイミングでの決断は、正直驚きと言ってもいいだろう。

Read Also:

シェア
コメント
才能ある若手の当たり年……F1を目指すフェラーリ3人の若手は”頭痛”の種?
前の記事

才能ある若手の当たり年……F1を目指すフェラーリ3人の若手は”頭痛”の種?

次の記事

ホンダF1参戦終了、理由は「カーボンニュートラル実現」に向けた経営資源の集中

ホンダF1参戦終了、理由は「カーボンニュートラル実現」に向けた経営資源の集中
コメントを読み込む