シーズン前半の勢いはどこへ……苦戦が続くデ・フリーズ、フォーミュラEの”人工的”な予選フォーマット批判

メルセデスのニック・デ・フリーズは、ここ数レース苦戦が続いている理由は、フォーミュラEの人工的な予選フォーマットにあると語った。

シーズン前半の勢いはどこへ……苦戦が続くデ・フリーズ、フォーミュラEの”人工的”な予選フォーマット批判

 メルセデスからフォーミュラEに参戦しているニック・デ・フリーズは、今季の開幕戦ディルイーヤePrixでポールポジションから初勝利を飾り、最高のスタートを切ると、多くのマシンがエネルギーマネジメントに苦しんだ第5戦バレンシアePrixでも予想外の勝利を収めた。

 しかしデ・フリーズは、その後の6レースでわずか2ポイントしか獲得できておらず、第11戦ニューヨーク・シティePrixを終えた時点でのランキングも10番手まで落ち込んでいる。

 デ・フリーズはこの成績低下は、メルセデスのペースが落ちたというよりもフォーミュラEの予選フォーマットのせいだと考えているという。

 ニューヨーク・シティePrixのダブルヘッダー1戦目である第10戦を13位で終えた後、この状況を心配しているかと訊かれ、motorsport.comは次のように答えた。

「それは”ゲーム”によって引き起こされた一連の状況に過ぎない」

「でも結局のところ、最大の問題は予選フォーマットにあるんだ」

 デ・フリーズは、シーズン序盤の活躍で常にランキング上位にいたが、そのためランキング順に4グループに分かれて行なわれるグループ予選では、不利とされるグループ1に振り分けられていた。コース上が汚れた状態でアタックすることになり、グリップを得るのが難しいのだ。

 デ・フリーズは「もしグループ1にいたら、可能な限りベストな予選順位は11番手だ」と、付け加えた。

「通常、グループ1ではハンディキャップが大きすぎて、10番手以内に入るのは難しいと言われている。グリッドの後方に沈み、混乱に陥ってしまった。そんな状態でレースを戦って、何ができるというのだろう?」

「もちろん、僕たちにも責任があるし、チームとして常により良くしていかなくてはいけない。でも僕たち側に必ずしも悪いところがあるとは思わない。これもゲームの一部なのだから」

「チャンピオンシップの順位を見ると、すごく僅差だ。エキサイティングなことだとは思うけど、僕にとっては人工的なんだ」

 デ・フリーズは第10戦のオープニングラップでヘアピンへの進入時に集団に巻き込まれ、マシンにダメージを受けてしまった。

「3戦連続で後ろから追突されてしまった。ターン10では、前のクルマを避けようとしたが、不可能だった。右フロントフェンダーを失ったので、その時点でバランスが非常に悪くなってしまった。ただフィニッシュを目指すだけで、戦うチャンスがなかった」

 グループ2から予選に臨んだ第11戦では、22番グリッドに沈んだデ・フリーズ。追い上げも18位までと、ポイントに届かなかった。このレースに勝ち、ポイントリーダーとなったサム・バード(ジャガー)との差は21ポイントだ。

 今季は残り4レース。デ・フリーズが上位に返り咲き逆転タイトルを獲得するためには、一貫性を取り戻し予選で”ゲーム”を吹き飛ばすほどの好結果を出すことが必須となってくるだろう。

Read Also:

シェア
コメント
ワンツーフィニッシュ目前で……痛恨のミスを犯したエバンス「チームを失望させてしまった」

前の記事

ワンツーフィニッシュ目前で……痛恨のミスを犯したエバンス「チームを失望させてしまった」

次の記事

インタビュー:スージー・ウルフ「F1オーナーになる”野望”はなし。ウルフがひとりいれば十分でしょ?」

インタビュー:スージー・ウルフ「F1オーナーになる”野望”はなし。ウルフがひとりいれば十分でしょ?」
コメントを読み込む