スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:ウエットの土曜フリー走行はコースオフ続出。福住仁嶺がトップタイム

スーパーフォーミュラ第4戦SUGOの土曜フリー走行では、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの福住仁嶺がトップタイムを記録した。

スーパーフォーミュラ第4戦SUGO:ウエットの土曜フリー走行はコースオフ続出。福住仁嶺がトップタイム

 2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦の土曜フリー走行がスポーツランドSUGOで行なわれた。トップタイムを記録したのは福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)で、タイムは1分18秒363だった。

 事前の予報通り、予選日朝は雨。土曜フリー走行はウエットコンディションの中、定刻通り9時10分にスタートした。コースに落ちる雨はさほど強くはないものの、開始直後からコースオフするドライバーが続出。赤旗が複数回に渡って出された。

 最初の赤旗は9時19分、大嶋和也(NTT Communications ROOKIE)がレインボーコーナー出口でスピン、コースオフしたことで出された。その後松下信治(B-Max Racing Team)もSPインコーナーを直進してスポンジバリアにぶつかり、9時31分に早くも2度目の赤旗中断となった。

 その後はしばらく順調にセッションが続いていたが、ダートにタイヤを落とすマシンやふらつくマシンが後を絶たなかった。そして中山雄一(KONDO RACING)が2コーナーでストップしたことにより、10時17分に3度目の赤旗。結果的に90分間のセッションで3度の中断があった。

 32周を走った福住は17周目に1分18秒363をマークし、これがこのセッションの最速タイムとなった。2番手には阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、3番手には坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)が入った。ポイントリーダーの野尻智紀(TEAM MUGEN)は8番手だった。

 

Read Also:

シェア
コメント
笹原右京、現在は“ホンダ陣営リザーブドライバー”としてSFに帯同中「現場で色んなことを吸収したい」
前の記事

笹原右京、現在は“ホンダ陣営リザーブドライバー”としてSFに帯同中「現場で色んなことを吸収したい」

次の記事

スーパーフォーミュラ第4戦SUGO予選速報:関口雄飛がポールポジション獲得!

スーパーフォーミュラ第4戦SUGO予選速報:関口雄飛がポールポジション獲得!
コメントを読み込む