角田裕毅、来季もアルファタウリでドライブ「引き続きF1で経験を積む、素晴らしい機会に感謝」

アルファタウリが、2022年のドライバーラインアップを発表。ピエール・ガスリーと角田裕毅のコンビで、引き続き戦うことを明らかにした。

角田裕毅、来季もアルファタウリでドライブ「引き続きF1で経験を積む、素晴らしい機会に感謝」

 アルファタウリが、2022年シーズンのドライバーラインアップを発表した。ピエール・ガスリーと角田裕毅のラインアップを来季も継続する。

 角田は発表に際し、「スクーデリア・アルファタウリで2シーズン目を迎えることができ、とても嬉しく思っています」とコメントし、チームとレッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコへの感謝を語った。

「信じられないような機会であり、引き続きF1での経験を積ませてくれるチームとマルコ博士に感謝しています」

 来季もチームメイトを務めるガスリーについて、角田は自身のスキルアップにも役立っていると語った。

「ピエールとは非常に良い関係にあり、今年も彼から多くのことを学びましたし、彼の経験は僕のスキルアップにも役立っているので、彼と一緒にF1の旅を続けられるのは素晴らしいことです」

「最近ファエンツァに引っ越してきたので、僕はチーム内でとても落ち着いていますし、来シーズンが楽しみです」

 チームのエースとして活躍しているガスリーは、レギュレーションが変更され、F1が新時代を迎える2022年に向けてチームと協力していくと話した。

「スクーデリア・アルファタウリと一緒に、F1でもう1シーズン前進できることをとても嬉しく思っている。特に僕は2017年に初めてチームに加わって以来、チームとしての進歩を目の当たりにしてきた」

「今季これまでのパフォーマンスを見ると、今季残りのレースと来年に向けて、達成すべき素晴らしいことがあると思う。特に、(レギュレーションの)変更が予定されている2022年についてはね」

「新しい時代のF1で何ができるのか、とても楽しみにしている。また、チームランキングで前進するために、チームと全力で協力していきたいと思う」

「今季はこれまでのところとても成功しているし、2022年にさらに良い結果を出すために、もっとうまく協力していくことができると信じている」

 アルファタウリは現在、コンストラクターズランキング6番手。6ポイント差でアルピーヌを追っている。

 ガスリーは66ポイントを稼ぎ、ランキング8番手。アゼルバイジャンGPでは3位表彰台を獲得している。一方、角田は18ポイント獲得のランキング13番手となっている。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
アルボンのF1復帰目指すレッドブル「うまくいけば来週には解決する」メルセデスの”介入”には不満

前の記事

アルボンのF1復帰目指すレッドブル「うまくいけば来週には解決する」メルセデスの”介入”には不満

次の記事

サインツJr.、原因不明のペース不足に困惑「レースを通して苦しんだ」チームは詳細な調査を実施へ

サインツJr.、原因不明のペース不足に困惑「レースを通して苦しんだ」チームは詳細な調査を実施へ
コメントを読み込む