マクラーレンF1新車MCL35M、雨のシルバーストンで初走行。ノリスがステアリング握る

2021年シーズンのF1を戦うマクラーレンの新車『MCL35M』がシルバーストン・サーキットで初走行を行なった。

マクラーレンF1新車MCL35M、雨のシルバーストンで初走行。ノリスがステアリング握る

 マクラーレンF1は、2021年シーズンを戦う新車『MCL35M』のシェイクダウンを実施。ランド・ノリスがステアリングを握り、ウエットコンディションのシルバーストン・サーキットで初走行した。

 パワーユニットをルノー製からメルセデス製に変更したマクラーレンは、発表会すぐ翌日の2月16日にスポーティングレギュレーションで許可されている“プロモーションイベント ”を活用して”フィルミングデー”を実施し、早速新車を走らせた。

 プロモーションイベントの走行は1日あたり100km以内(年間に2日実施可)に制限されており、シルバーストンのグランプリレイアウトは計17周しかできない。まずはノリスが走行を担当したようだが、今季マクラーレンに移籍してきたダニエル・リカルドもマシンに乗り込み、マクラーレンでの初走行を果たすはずだ。

Read Also:

ランド・ノリス、マクラーレンMCL35M【51895814】

ランド・ノリス、マクラーレンMCL35M【51895814】

Photo by: McLaren

シェア
コメント
ホンダ、レッドブルF1が2022年に使うパワーユニットの開発まで担当予定

前の記事

ホンダ、レッドブルF1が2022年に使うパワーユニットの開発まで担当予定

次の記事

アルピーヌF1、アロンソ&オコンがドライブする新車A521の発表日を公表

アルピーヌF1、アロンソ&オコンがドライブする新車A521の発表日を公表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント マクラーレンMCL35M フィルミングデー
サブイベント スペシャルイベント
ドライバー ランド ノリス
チーム マクラーレン