速報ニュース

ハミルトンには”知られざる”弱点がある……元チームメイト、アロンソの提言

2021年のF1復帰を目指していると見られるフェルナンド・アロンソは、現在F1で最強の評価を欲しいままにしているルイス・ハミルトンについて、あまり”知られていない弱点”があると考えている。

Podium: race winner Fernando Alonso, McLaren, second place Lewis Hamilton, McLaren

 2018年シーズン限りで一旦F1を離れ、WEC(世界耐久選手権)やデイトナ24時間、インディ500、そしてダカール・ラリーと様々なレース/ラリーに挑戦しているフェルナンド・アロンソ。2005年と2006年にF1王者に輝いたアロンソは、2021年からのF1復帰を目指していると考えられている。

 そのアロンソが、motorsport.comの姉妹雑誌であるF1レーシングの独占インタビューに応じ、2007年にマクラーレンでチームメイトとなったルイス・ハミルトンの最近の強さについて評価した。

 過去6年の間に5回のワールドチャンピオンに輝いているハミルトン。今や現役最強どころか、史上最強ドライバーなのではという評価もある。そのハミルトンについてアロンソは「過去数年でレベルを上げた」と語る。

「特に2019年のマシンは、その他のシーズンほど支配的な強さではなかった」

 そうアロンソは語った。

「彼は勝てなかった場合にも、トップから非常に近いところでフィニッシュすることができる。20秒も遅れることはない。それは、(ハミルトンのチームメイトである)バルテリ(ボッタス)とは違うところだ」

「マシンに競争力がない週末、ボッタスは5位か6位くらいだし、1分遅れることだってある。でもルイスはそうじゃない。彼は以前と比べて一歩前進した。彼には今やより競争力を備え、より準備を整えているようだ」

「でも彼にはまだ、あまり知られていないいくつかの弱点がある。でも、誰もまだその”ボタン”を押せていないんだ」

 アロンソが主張する”ハミルトンの弱点”とは何なのか? それをより詳しく尋ねると、彼は次のように語った。

「ルイスの”シーズン”を見返せば、常に共通の傾向があることが分かる」

「彼はシーズンをゆっくりとスタートさせる。でも、誰もその恩恵を享受していないのだ。去年、我々はボッタスの年になると思った。でも、そうはならなかった」

「彼と真っ向勝負するのは、実に良いことだ。おそらく、彼の弱点は普通には露見しないだろうし、全てが計算され尽くされている。でも、それを見つけることができれば素晴らしいだろう」

 アロンソは、シーズン初期に垣間見えるハミルトンの弱点を利用することで、プレッシャーをかけることができるのではないかと考えている。

「良いパッケージを手にしていた時、ライバルがクラッシュするなどしてチャンピオンシップのリードを拡大することができれば、全てが穏やかに見えるものだ」

 そうアロンソは語った。

「1ポイントのリードなのか、それとも10ポイントの余裕があるのか……それによって、かかるストレスは異なるんだ」

「ミスの仕方も変わるし、無線で話す内容も変わってくる。だからプレッシャーがかかった時の彼(ハミルトン)を見てみる必要があるね」

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 メルセデスに続いて……マクラーレン、フェラーリも相次いで2020年エンジン始動
次の記事 FIA、新型コロナウイルス流行を警戒「必要に応じて、あらゆる措置を講じる」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本