ボッタス、ベッテルの翼端板がマシンの下に挟まり、ペース上がらず……勝利逸する

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、エミリア・ロマーニャGPの決勝でマシンの下に挟まった他車から外れたパーツを取り除くことができず、勝利を逃したと語った。

ボッタス、ベッテルの翼端板がマシンの下に挟まり、ペース上がらず……勝利逸する
Listen to this article

 メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースをポールポジションからスタートし、レース序盤をリードした。そのまま行けば今季3勝目は間違いない……と思われた。

Read Also:

 しかし2周目のトサ・コーナーで事件は起きていた。1周目のこのコーナーでは、ハースのケビン・マグヌッセンと、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが接触。ベッテルのマシンからはフロントウイングの翼端板が脱落し、コース上に落ちていたのだ。そして次の周(2周目)に先頭で当該のコーナーにやってきたボッタスは、その翼端板を拾ってしまったのだ。

 ボッタスはタイヤのパンクを避けるために、その翼端板を跨いで走り抜けようとした。しかし翼端板はボッタスのマシンの下に引っかかり、フロアにダメージを与えてしまったのだ。

「スタートは良かったし、そうすることが今日の目標のひとつだったんだ」

 ボッタスはレース後にそう語った。

「2周目のターン7で、デブリが突然目に飛び込んできた。それを避ける時間はなかった。だから少なくともマシンの真下を通過させ、タイヤでそれを踏まないようにしたんだ」

「しかしそのデブリは、マシンに損傷または何らかの影響を及ぼした。そして、マシンをドライブするのを難しくしてしまった」

 ボッタスは翼端板を拾ってしまったことによりペースが上がらず、早々にピットストップを行なったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にアンダーカットされるのを防ぐべく、その翌周にピットイン。一方、チームメイトのルイス・ハミルトンはタイヤ交換を遅らせたことで、ボッタスとフェルスタッペンをオーバーカットすることになった。

 ピットストップを終えた後、ボッタスはフェルスタッペンを必死に抑えるというレース展開となった。しかし何度かコースオフするシーンを経て、遂にはオーバーテイクを許してしまうことになった。

「マックスに抜かれるのを阻止するため、僕は本当に一生懸命努力していた」

 そうボッタスは語った。

「限界を超えなければいけなかった。それがミスに繋がったから、運が悪かったんだ」

 しかしフェルスタッペンは、右リヤタイヤの突然のバーストに見舞われたため、派手にスピン。そのままグラベルにマシンを止めた。そしてセーフティカーが出動することになった。

 このセーフティカー中にボッタスはピットストップを行ない、マシンに引っかかったデブリを取り外すことに成功。しかしそれでも、首位に立ったハミルトンを追いかけることはできなかった。

 チーム代表のトト・ウルフも、次のように語っている。

「そのデブリは、彼(ボッタス)のマシンの下に詰まってしまっていた。2周目にそのデブリの上を通ってしまったんだ。彼にはそれを避けることはできなかった」

Read Also:

シェア
コメント
2度目のピットインは「意味なし」 ペレス”間違った戦略”で表彰台をルノーに献上
前の記事

2度目のピットインは「意味なし」 ペレス”間違った戦略”で表彰台をルノーに献上

次の記事

ラッセル、クラッシュ原因は「自分のバカなミス」“連続無得点”は34レースに

ラッセル、クラッシュ原因は「自分のバカなミス」“連続無得点”は34レースに
コメントを読み込む