レッドブル、後半戦ドライバー変更を発表。アルボンが昇格し、ガスリーはトロロッソへ

レッドブルが、2019年のF1後半戦のドライバーラインアップ変更を発表。アレクサンダー・アルボンをレッドブルに昇格させ、ピエール・ガスリーがトロロッソに復帰することになった。

レッドブル、後半戦ドライバー変更を発表。アルボンが昇格し、ガスリーはトロロッソへ

 レッドブルは、ベルギーGP以降ドライバーラインアップを変更することを発表。アレクサンダー・アルボンをトロロッソから昇格させ、マックス・フェルスタッペンと組ませることを明らかにした。

 昨年トロロッソからF1フル参戦デビューを果たし、今季からレッドブルに昇格したピエール・ガスリー。しかしなかなか思うような成績を残すことができず、ここまでの最高位は4位だった。

 そのガスリーはトロロッソに戻り、ダニール・クビアトと共に残りのレースを戦うことになる。

 一方アルボンは、今季F1デビュー1年目にも関わらず大抜擢されることとなった。ここまでの最高位はドイツGPでの6位である。

 チームのリリースによれば、今回の人事は、来季フェルスタッペンのドライバーとして誰が相応しいのかを決定するために、アルボンのパフォーマンスを評価するのが目標だという。

シェア
コメント
持続可能なF1へ。二酸化炭素の排出量削減に、合成燃料の使用を検討

前の記事

持続可能なF1へ。二酸化炭素の排出量削減に、合成燃料の使用を検討

次の記事

レッドブル”非情”人事再び。後半戦はアルボンがRB15に搭乗、ガスリーSTRへ

レッドブル”非情”人事再び。後半戦はアルボンがRB15に搭乗、ガスリーSTRへ
コメントを読み込む