ホンダPU勢は3台がQ3進出。田辺TD「ロングランのペースが良かったので決勝に期待」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、F1ロシアGP初日でホンダパワーユニット勢が見せたロングランのペースから、決勝に期待を抱いているようだ。

ホンダPU勢は3台がQ3進出。田辺TD「ロングランのペースが良かったので決勝に期待」

 F1第10戦ロシアGP予選でホンダパワーユニット勢は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが今季最高の2番グリッドを獲得。さらに4台中3台をQ3に送り込む結果となったが、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、決勝に向けて期待を抱いていると語った。

Read Also:

 ソチ・オートドロームで行なわれるロシアGPに向けてフェルスタッペンは、「僕たちにとって簡単なサーキットではない」と語っていた。実際、予選前のフリー走行でもマクラーレン、ルノー、レーシングポイントといった中団チームと非常に接近したタイムとなっており、メルセデス勢に次ぐ予選3番手確保も容易ではない状況だった。

 しかしフェルスタッペンは予選Q3で完璧なアタックを見せ、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのメルセデス勢に割って入る2番手を獲得した。

 一方、同じくQ3に進出したピエール・ガスリー(アルファタウリ)とアレクサンダー・アルボン(レッドブル)は9番手、10番手にとどまり、Q1では3番手タイムを期待が高まっていたダニール・クビアトも、Q2で発生した赤旗中断の煽りを食らって12番手に終わった。

 田辺TDはプレスリリースの中で予選結果を振り返りながら、レッドブル、アルファタウリ共にフリー走行で見せていたロングランペースは良好だったとして、決勝に向けて期待が持てるとコメントした。

「今日のロシアGP予選は、レッドブルのフェルスタッペン選手が2番グリッド・フロントローを獲得しました。彼の今季最高の結果に並び、かつチームにとってこのサーキットでの予選ベストリザルトということで、非常にいい結果だと思います」

 そう田辺TDは語った。

「一方、ホンダPU勢3台が予選Q3に進出したものの、非常に混戦の中でアルファタウリのガスリー選手が9番手、レッドブルのアルボン選手が10番手と、こちらは厳しい結果となりました。また、母国GPとなったクビアト選手は、赤旗の影響により難しい戦いになったQ2において、わずか0.05秒差でQ3進出を逃し12番手と、悔しい結果になりました」

「明日のレースでは、フェルスタッペン選手はトップ10の中でメルセデスの1台と共にミディアムタイヤでのスタートとなり、他のマシンもそれぞれ入賞可能なポジションからのスタートとなります」

「両チーム共に金曜のロングランのペースもよかったので、レースに向けて期待を抱いています。いいレースができるよう、明日に向けて更に準備を進めます」

 

Read Also:

シェア
コメント
とても怖かった……PP獲得のハミルトンを震え上がらせた、予選Q2のドラマ
前の記事

とても怖かった……PP獲得のハミルトンを震え上がらせた、予選Q2のドラマ

次の記事

”怒っている”ルクレール……Q3進出を逃したのは、チームとの伝達ミス?

”怒っている”ルクレール……Q3進出を逃したのは、チームとの伝達ミス?
コメントを読み込む