F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
27
:
54
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

F1ハンガリーFP1:メルセデスがワンツー発進。レーシングポイントが続く

シェア
コメント
F1ハンガリーFP1:メルセデスがワンツー発進。レーシングポイントが続く
執筆:
2020/07/17 11:24

F1ハンガリーGPのフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは8番手だった。

 F1第3戦ハンガリーGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)で、タイムは1分16秒003だった。

 開幕戦オーストリアGP、第2戦シュタイアーマルクGPの“レッドブルリンク2連戦”を終え、2020年のF1はハンガロリンクに舞台を移した。今回は週末を通して天候が安定しない模様で、FP1は気温17℃、路面温度24℃と夏のハンガリーにしては珍しい冷涼なコンディションとなった。

 なおこのセッションでは、アルファロメオのリザーブドライバーであるロバート・クビサがキミ・ライコネンに代わって出走した。

 開幕から好調なランド・ノリス(マクラーレン)を先頭に、各車続々とコースイン。ゆっくりと周回しながら確認のためのインスタレーションラップを行なった。

 多くのマシンがピットへと戻る中、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはリヤウイングにフロービズペイントを施して連続周回を行ない、1分18秒383というベストラップを記録した。

 続いてメルセデス勢が早くもソフトタイヤを投入してタイム計測に。バルテリ・ボッタスが1分16秒559、ハミルトンが1分17秒438を記録してワンツーとなった。

 セッション開始から20分ほど経過したところで、各車は再びコースに向かい、タイム計測をスタートした。メルセデス、ウイリアムズを除いた8チームはハードタイヤ、ミディアムタイヤという硬めのコンパウンドで周回した。

 メルセデスが1分16秒台のタイムをマークしてタイムシートの最上段を奪い合う中、3番手以下の順位は目まぐるしく変わった。特にソフトタイヤを履くウイリアムズ勢は、ニコラス・ラティフィが3番手に立つ場面もあった。

 セッション開始から40分が経過し、1セット目のタイヤを返却する時間となった。順位はハミルトン、ボッタスのトップ2で、ハードタイヤを履くレーシングポイント勢が3番手、4番手につけた。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、パワーユニットの異常が見られた為にチェック作業を行なっているようで、ただひとりタイムを記録していない。

 コース上にわずかながら雨粒が落ちる中、各車が2セット目のタイヤを投入してコースに向かった。ここではレーシングポイント、マクラーレン、そしてレッドブルがソフトタイヤを履いた。

 レーシングポイントの2台がタイムを更新してメルセデス2台との差を縮める中、フェルスタッペンは7番手タイム。彼はアタック中にラティフィに進路を妨害され、怒りをぶつける場面もあった。また、3番手のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)はさらなるタイムアップを狙ったが、ターン1へのブレーキングでブレーキをロックさせてしまい、タイヤに大きなダメージを負わせてしまった。

 セッションも残り30分を切る中、ハミルトンがハードタイヤで1分16秒003を記録。驚きのトップタイム更新となった。

 残り15分頃から、再びコース上にマシンが増え始めた。ただ、新しいタイヤを投入するチームはなく、多くのマシンが直前の走行で履いた2セット目のタイヤを引き続き使用。目立ったタイム更新はないまま、ハミルトン首位でセッションが終了した。

 メルセデスは硬めのコンパウンドを使用したタイムでベストタイムを更新し、他チームに大きな差をつけてワンツーとなった。3番手、4番手はソフトタイヤを履いたペレス、ランス・ストロールのレーシングポイント勢で、5番手ダニエル・リカルド(ルノー)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)と続いた。

 ホンダパワーユニット勢はフェルスタッペンの8番手が最上位。アレクサンダー・アルボン(レッドブル)は13番手、アルファタウリのダニール・クビアトは16番手だった。なお、ガスリーは1度もコースに出ることはなくセッションを終える形となった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 37 1'16.003     207.512
2 Finland バルテリ ボッタス 37 1'16.089 0.086 0.086 207.278
3 Mexico セルジオ ペレス 20 1'16.530 0.527 0.441 206.083
4 Canada ランス ストロール 35 1'16.967 0.964 0.437 204.913
5 Australia ダニエル リカルド 28 1'17.200 1.197 0.233 204.295
6 Germany セバスチャン ベッテル 26 1'17.238 1.235 0.038 204.194
7 Monaco シャルル ルクレール 29 1'17.404 1.401 0.166 203.756
8 Netherlands マックス フェルスタッペン 28 1'17.435 1.432 0.031 203.675
9 United Kingdom ランド ノリス 26 1'17.523 1.520 0.088 203.444
10 France エステバン オコン 35 1'17.615 1.612 0.092 203.202

F1ハンガリーFP1速報:ハミルトンが首位。レッドブルはフェルスタッペン8番手

前の記事

F1ハンガリーFP1速報:ハミルトンが首位。レッドブルはフェルスタッペン8番手

次の記事

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGPフリー走行1回目ハイライト

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGPフリー走行1回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント FP1
執筆者 戎井健一郎