F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

F1のヘルメットカラーリング変更が自由に。2020年の規則変更が承認

シェア
コメント
F1のヘルメットカラーリング変更が自由に。2020年の規則変更が承認
執筆:
2020/03/07 4:45

FIAは、F1ドライバーがシーズン中にヘルメットのカラーリングを変更できる回数を制限するルールを廃止した。

 FIAは、3月6日(金)に世界モータースポーツ評議会(WMSC)で決定された内容を発表。F1ドライバーのヘルメットカラーリングの変更回数を1シーズン中1回と制限していたルールを廃止することになった。

 元々、ヘルメットのカラーリング変更を制限するルールは、ファンから見てドライバーを簡単に特定できるように導入されたものだ。

 しかしダニエル・リカルド(ルノー)やセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)など、定期的にヘルメットのデザインを変更することを好むドライバーには不評なルールだった。

 レギュレーションには以下のように定められていた。

「ドライバーがコース上にいる間、簡単に区別できるように、各ドライバーのクラッシュヘルメットはそのドライバーが選択したひとつのイベントを除き、シーズン中に全てのイベントで実質同じカラーリングを使用しなければならない」

「ドライバーがシーズン中にチームを変更した場合は、ヘルメットのカラーリング変更も許可される」

 各チームはこのルールを破棄することに同意し、WMSCによって破棄が公式に承認された。

 WMSCではその他にも、いくつかの変更が承認された。燃料流量センサー増加に伴い、2020年のF1最低車両重量が746kgに変更され、2020年シーズン終了後のアブダビテストが2021年用ピレリタイヤのテストになると正式に決定された。

 昨年10月に公開された2021年の技術規則についても精査が進められ、今回のWMSCで以下の変更が承認された。昨年スパのF2レースで起きた死亡事故を受け、安全性能もより強化されている。

・ダウンウォッシュ(乱流)を防ぐために、フロントウイングのプロファイルが変更された。しかし、これによりマシン同士がより接近してレースできるようにするという全体的な目標に、大きな妥協をもたらす可能性がある。

・フロントウイングのエンドプレートやボディワーク、リヤウイングのエンドプレートは、チームにスポンサーのロゴを掲げるためのスペースをより多く与えるために変更された。

・前面、側面、背面からの衝撃に対するシャシーの強度とエネルギー吸収力の大幅な改善

・マシンの電気(高電圧)に関する安全性を大幅に改善するための多数のアップデート

・リヤウイングとリヤインパクト構造にテザー搭載を義務付け

 また、2021年の財政レギュレーションも変更され、コスト制限の管理者がリモートまたはF1チームの敷地内で、いつでも監視行動を実行できるようになった。

 

Read Also:

次の記事
FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

前の記事

FIA、新型コロナウイルス”危機対策部門”を設立「世界のモータースポーツを守る」

次の記事

F1、新型コロナウイルスの脅威に”不必要なリスク”は取らないと主張

F1、新型コロナウイルスの脅威に”不必要なリスク”は取らないと主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper