マクラーレン、2021年マシン『MCL35M』を発表。メルセデスPU搭載は吉か凶か

マクラーレンは2月15日、2021年シーズンを戦うF1マシン『MCL35M』を発表した。

マクラーレン、2021年マシン『MCL35M』を発表。メルセデスPU搭載は吉か凶か

 2月15日、マクラーレンF1チームは2021年シーズンに向けた新車発表イベントを、イギリスのウォーキングにあるファクトリーで実施。ニューマシンの『MCL35M』が公開された。

Read Also:

 15日の現地時間19時(日本時間28時)にスタートしたイベントで公開されたMCL35Mのカラーリングは、2017年からの流れを汲む伝統のパパイヤイエローとブルーが主体となっており、その配色も昨年からほとんど変わっていない。

 マクラーレンにとって、昨シーズンは躍進の1年となった。カルロス・サインツJr.とランド・ノリスのコンビが安定して上位に食い込み、それぞれ表彰台を1回ずつ獲得。コンストラクターズランキングでも2012年以来8年ぶりにトップ3に返り咲いた。

 今季はノリスが残留し、ルノーからダニエル・リカルドが加入。F1通算7勝の実績を持つリカルドがチームにどういった化学反応を起こすかにも注目が集まる。

 そして何よりも、マクラーレンにとって2020年からの最も大きな変更点は、パワーユニット(PU)サプライヤーがルノーからメルセデスに変わったことだ。コロナ禍の影響によるコスト削減策により、2021年シーズンに向けては基本的に2020年マシンのシャシーを引き継ぐこととなっているが、PUサプライヤーが変わるマクラーレンはパッケージングの問題からマシンに大きな変更を加える必要性が生じ、各チームに与えられている開発トークンをメルセデスPUとの合わせ込みのために使わなければならなかった。

 そういった背景から、MCL35Mは昨年のマシン『MCL35』のナンバリングを引き継いではいるものの、本質的には全く新しいマシンとなっているようだ。チームのプロダクションディレクターを務めるピアース・タインは、MCL35Mのために作られた新パーツの数は、MCL35を製造する際に作られた新パーツの数とほぼ同じだと語っている。

 マクラーレンのニューマシンMCL35Mは、2月16日(火)にノリスとリカルドがステリングを握り、シルバーストンで”フィルミングデー”の機会を使って初走行する予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
ダニエル・リカルド、マクラーレン初仕事はシルバーストン。MCL35Mをシェイクダウンへ

前の記事

ダニエル・リカルド、マクラーレン初仕事はシルバーストン。MCL35Mをシェイクダウンへ

次の記事

ホンダF1、2021年エンジンサウンドが明らかに。アルファタウリがマシン始動音声公開

ホンダF1、2021年エンジンサウンドが明らかに。アルファタウリがマシン始動音声公開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン