F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

エリクソンのリザーブ緊急招集、原因はライコネンの”肉離れ”

シェア
コメント
エリクソンのリザーブ緊急招集、原因はライコネンの”肉離れ”
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/08/30 0:48

キミ・ライコネンが肉離れを訴えたことから、アルファロメオはリザーブのマーカス・エリクソンをベルギーに緊急招集していたようだ。

 アルファロメオF1チームがリザーブドライバーのマーカス・エリクソンをベルギーGPに緊急招集したのは、キミ・ライコネンが肉離れに見舞われたことが原因だったようだ。

 昨年までアルファロメオ・ザウバーのドライバーを務めていたエリクソンは、今季インディカーにフル参戦。本来であれば、9月1日(日)に決勝が行われるインディカー第16戦ポートランドに出場しているはずだった。

 しかしアルファロメオの要請に応じ、エリクソンはポートランド戦をキャンセル。ベルギーGPに臨むチームに帯同している。

Read Also:

 関係者はこうした動きについて、ライコネンがレースを走れるかどうか、懸念が生じたことによるものだと示唆していた。

 ライコネンは29日(木)、スパ・フランコルシャンのパドックでそれが事実だと認めた。

「肉離れだ。その状況がどうなのか見てみるつもりだ」と、ライコネンは語った。

「僕たちにはバックアップの計画が必要だ。僕が考えるに問題はないはずだけど、何が起こるかは分からない」

「僕がドライブ出来なかった場合、サード・ドライバーがいないのは愚かなことだし、最悪のシナリオだ」

「すべてのチームにサード・ドライバーがいるのには理由がある。普通のことなんだ。彼(エリクソン)もレースがあったから、彼にとっては難しい状況だけど、そういうものなんだ」

 ライコネンは、どのような怪我を負っているのかを詳しく語らず、次のように話した。

「(負傷の原因は)スポーツだ。僕がいつも言っているように、それには危険がつきものだ。おそらく、飲酒のほうがより安全だろう。普通、怪我はしないし、二日酔いになるだけだからね」

 エリクソンは、インディカー参戦継続に向けて、契約を勝ち獲らなければならない立場にあるだけに、ポートランドを欠場してアピールのチャンスが失われるのはフラストレーションが溜まる事態だろう。

次の記事
ヒュルケンベルグ、ルノーがオコンを選んだ理由は「パフォーマンスのせいじゃない」

前の記事

ヒュルケンベルグ、ルノーがオコンを選んだ理由は「パフォーマンスのせいじゃない」

次の記事

クビアト、アルボンの昇格に理解「僕は”貪欲”にならず、結果を出すだけ」

クビアト、アルボンの昇格に理解「僕は”貪欲”にならず、結果を出すだけ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第13戦ベルギーGP
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム Alfa Romeo
執筆者 Matt Beer