F1トルコFP3:ホンダPU勢がトップ3独占! レッドブル2台を抑えガスリーがトップ、僚友角田も8番手と好調さ見せる

F1第16戦トルコGPのフリー走行3回目が行なわれ、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がトップタイムを記録した。チームメイトの角田裕毅は8番手だった。

F1トルコFP3:ホンダPU勢がトップ3独占! レッドブル2台を抑えガスリーがトップ、僚友角田も8番手と好調さ見せる

 F1第16戦トルコGPがイスタンブール・パークで開幕。土曜日のフリー走行3回目でセッショントップタイムを記録したのは、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)だった。

 新型コロナウイルスの蔓延により中止となった日本GPの代替として昨年に続きF1カレンダーに帰ってきたトルコGP。2005年から2011年まではF1を開催していたが、2012年以降はカレンダーから長らく姿を消していた。昨年のレースでは、直前の路面再舗装によりオイルがコースに浮き出した。加えて雨が降ったことにより非常にスリッピーな路面状態でのレース週末となった。

Read Also:

 今年のトルコGPの金曜日はドライコンディションでのセッションとなったが、土曜日は雨がコースを濡らした。セッション開始時は、気温は16度、路面温度は20度と肌寒い状況だった。

 60分のFP3は静かにスタートした。ピットレーンオープンとなっても、各ドライバーはようやくマシンに乗り込み始めている状況だった。セッション開始前は目視できる程度の雨が降っていたが、開始から数分が経過するとサーキット南方の上空には晴れ間も見受けられた。

 セッション8分が過ぎ、最初にコース上へ姿を現したのはガスリーと角田裕毅のアルファタウリ・ホンダ勢。一番排水能力の高いウエットタイヤを履いての走行を開始した。

 続けてマクラーレン勢やフェラーリ勢などが同じくウエットタイヤを装着してコースインしたが、徐々に路面コンディションは回復し浅溝のインターミディエイトタイヤへの交換を模索するチームも見受けられた。

 ガスリーは3周走った時点で、リヤタイヤが終わってしまったと訴えてピットイン。レース週末ごとにピレリから供給されるウエットタイヤは3セット、インターミディエイトタイヤは4セットと数が限られているため、予選・決勝での降雨の可能性を見越してガレージに留まった。

 一方、ランド・ノリス(マクラーレン)はウエットタイヤからインターミディエイトタイヤへ履き替えて走行を開始した。ノリスに続きほとんどのドライバーがそれに従った。同じくインターミディエイトタイヤを投入したガスリーは、ターン11でアクアプレーニング現象が起きたようでスピンを喫した。雨雲は消え路面は改善していたものの、所々に水が集まる”川”が見受けられた。

 続けてターン2でジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)がコース上の川に足を取られスピン。アウト側のグラベルトラップでマシンを止めたことにより、コース上には赤旗が掲示された。

 コース上からすぐにマシンが撤去されたことで、32分を残してセッションは再開。ここまでタイム計測を行なっていなかったレッドブル・ホンダ勢もコース上へ姿を現した。この時点で全車がインターミディエイトタイヤを装着した。

 急速に走行ライン上のコンディションは改善していたようで、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)を筆頭に周回ごとにタイムを向上させていった。ただ、ターン9では依然水が残っており、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)やシャルル・ルクレール(フェラーリ)らがスリップを喫した。

 セッション10分を残し、多くのドライバーはインターミディエイトタイヤ1セットでの走行を終えてピットへ戻った。ウエット用タイヤ温存のためか、コース上で走行を続けるマシンが少ない時間が続いたが、スピンしたラッセルとメルセデス勢以外のドライバーはセッション最終盤でスタート練習のためにコースへ戻った。

 60分のセッションをトップで終えたのはガスリー。セクター1で全体ベストをマークするなど難しい路面で好調さを見せ、1分30秒447をマークした。2番手には1分30秒611でフェルスタッペン、3番手に1分30秒684で僚友セルジオ・ペレスが並んだ。フリー走行ではあるが、トップ3をホンダPU勢が独占する形となった。

 その後ろ4番手、5番手には初日から好調さを見せるフェラーリ勢。6番手にはフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、7番手にキミ・ライコネン(アルファロメオ)とベテランふたりが並んだ。

 初のイスタンブール・パークとなる角田も21周を走行し、8番手タイムとなる1分31秒981を記録した。今回シャシー交換を行なった角田は、トップのガスリーからは1.534秒離されているものの、ここ数戦を鑑みると状況は上向いたようだ。

 一方、フェルスタッペンと今季のタイトルを争うハミルトンは、セッション後半は走行を行なわず、18番手で予選前最後の走行を終えた。なお、PUのICE(内燃機関)交換により10グリッド降格が決まっている。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ピエール ガスリー 19 1'30.447     212.464
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 11 1'30.611 0.164 0.164 212.080
3 Mexico セルジオ ペレス 13 1'30.684 0.237 0.073 211.909
4 Spain カルロス サインツ Jr. 22 1'31.262 0.815 0.578 210.567
5 Monaco シャルル ルクレール 18 1'31.543 1.096 0.281 209.921
6 Spain フェルナンド アロンソ 15 1'31.545 1.098 0.002 209.916
7 Finland キミ ライコネン 17 1'31.572 1.125 0.027 209.854
8 Japan 角田 裕毅 21 1'31.981 1.534 0.409 208.921
9 Finland バルテリ ボッタス 8 1'31.996 1.549 0.015 208.887
10 France エステバン オコン 17 1'32.089 1.642 0.093 208.676

シェア
コメント
メルセデス「トルコでのオーバーテイクは予想よりも難しい」グリッド降格のハミルトン、レースに不安要素
前の記事

メルセデス「トルコでのオーバーテイクは予想よりも難しい」グリッド降格のハミルトン、レースに不安要素

次の記事

F1トルコ予選速報:ハミルトンが最速もペナルティで決勝は11番手から。角田はQ3進出し10番手

F1トルコ予選速報:ハミルトンが最速もペナルティで決勝は11番手から。角田はQ3進出し10番手
コメントを読み込む