F2シルバーストン2:角田裕毅、初優勝! シューマッハーとシュバルツマンが首位争い中まさかの同士討ち

シェア
コメント
F2シルバーストン2:角田裕毅、初優勝! シューマッハーとシュバルツマンが首位争い中まさかの同士討ち
執筆:

FIA F2第5戦シルバーストンのレース2が行なわれ、カーリンの角田裕毅がFIA F2初優勝を成し遂げた。

 FIA F2第5戦シルバーストンのレース2が、イギリスのシルバーストン・サーキットで行なわれた。21周のスプリントレースを制したのは角田裕毅(カーリン)で、FIA F2初優勝となった。

 前日に行なわれたレース1では、カラム・アイロット(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がポールポジションから完勝。角田裕毅(カーリン)は10番手スタートから6位に入り、貴重なポイントを獲得した。レース2はレース1の上位8台がリバースグリッドで並び、ロバート・シュバルツマン、ミック・シューマッハーのプレマ勢がフロントロウに並んだ。角田は3番グリッドで、松下信治(MPモータースポーツ)は11番グリッド、佐藤万璃音(トライデント)は17番グリッドからのスタートとなった。

Read Also:

 ショーン・ゲラエル(DAMS)はフォーメーションラップ中にピットイン。今季トラブルが相次いでいるゲラエルだが、今回も不運な形でレースを終えることとなった。

 スタートではシュバルツマン、シューマッハー、角田のトップ3は変わらず。プレマの2台はオープニングラップからお互いが牽制し合う展開となった。しかしシューマッハーにミスがあったため、2台の差は2秒に開いた。

 摩耗が激しいタイヤを保たせるために無理をしたくないレース前半だが、クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ)を先頭とする5番手争いは白熱。後続のルイ・デレトラ(チャロウズ)、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)らが次々とルンガーにプレッシャーをかけ、オーバーテイクしていった。

 タイヤに苦しみペースが落ちるクルマが多い中、角田を含むトップ3は快調にラップを重ねていき、4番手以下に対して大きなギャップを作った。

 レースが折り返しを迎えようかという10周目、角田が2番手シューマッハーに接近。さらにタイヤに苦しむ首位シュバルツマンがペースダウンしたため、上位3台はそれぞれ1秒前後のギャップとなった。

 4番手以下はジャック・エイトケン(カンポス)、デレトラ、周、ルンガー、アイロットが続く。この5台はほぼ等間隔で走っていたが、ルンガーは残り5周でタイヤがバーストしてしまい、戦列を離れることになってしまった。

 レースは残り3周に。シューマッハーはシュバルツマンのすぐ後ろに接近し、ウェリントンストレートで並びかけた。しかしブレーキングの際にシューマッハーのリヤタイヤとシュバルツマンのフロントウイングが接触。まさかの同士討ちの間を縫うようにして、角田が先頭に立った。フロントウイングを壊したシュバルツマンはズルズルと後退していった。

 角田はそのままトップでチェッカー。ついにFIA F2初優勝を成し遂げた。2位はシューマッハーが入り、3位にはエイトケンが入った。4位以下はデレトラ、周、アイロット、ダニエル・ティクトゥム(DAMS)、ニキータ・マゼピン(ハイテック)までが入賞。シュバルツマンは13位だった。

 これで角田はポイントランキング6番手に浮上。F1昇格に向けた目標であるランキング4位も見えてきた。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Japan 角田 裕毅 United Kingdom カーリン 21 -        
2 Germany ミック シューマッハー Italy プレマ 21 3.100 3.100 3.100    
3 United Kingdom ジャック エイトケン Spain カンポス 21 17.900 17.900 14.800    
4 Switzerland ルイ デレトラ Czech Republic チャロウズ 21 20.200 20.200 2.300    
5 China チョウ グアンユー United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 21 21.000 21.000 0.800    
6 United Kingdom カラム アイロット United Kingdom ユニ-ヴィルトゥオーシ 21 22.100 22.100 1.100    
7 United Kingdom ダニエル ティクトゥム France DAMS 21 22.900 22.900 0.800    
8 Russian Federation ニキータ マゼピン United Kingdom ハイテック 21 25.200 25.200 2.300    

F2シルバーストン2:レース1はアイロット完勝でポイントリーダーに。角田は6位入賞

前の記事

F2シルバーストン2:レース1はアイロット完勝でポイントリーダーに。角田は6位入賞

次の記事

【動画】角田裕毅がF2初優勝! FIA F2第5戦シルバーストン:レース2ハイライト

【動画】角田裕毅がF2初優勝! FIA F2第5戦シルバーストン:レース2ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ FIA F2
イベント Silverstone II
サブイベント Race 2
執筆者 戎井健一郎