フォーミュラE Rome ePrix II

デニス、”完璧な1日”で一気にチャンピオン最有力候補に「可能な限りの準備をしてラスト2戦に臨む」

アンドレッティのジェイク・デニスは、フォーミュラE第14戦ローマePrixでの勝利を完璧な1日だったと振り返った。

Jake Dennis, Andretti Autosport, 1st position, lifts his trophy

 アンドレッティのジェイク・デニスは、フォーミュラE第14戦ローマePrixをポールポジションからスタートし、全ラップをリードしてファステストラップのボーナスポイントも獲得するというまさに完璧な1日を過ごした。

 一方、デニスとタイトルを争うライバルたちにとっては厳しいレースとなった。2番手を走っていたニック・キャシディ(エンヴィジョン・レーシング)にミッチ・エバンス(ジャガー)が追突。両者はノーポイントに終わったのだ。

 その結果デニスは、2レースを残して24ポイントものリードを築くという、圧倒的な優位な状況でロンドンで行なわれる最後の2レースに臨むことになった。

 土曜日の第13戦でエネルギーマネジメントに苦労し、4位でレースを終えていたデニスは、エバンスやキャシディといったジャガー製パワートレイン勢を純粋なペースで上回るのは難しいと語っていたが、状況を好転させたチームを称賛した。

「本当にいい一日だった。昨日のレースでは明らかにペースが足りなかったから、このような結果になるとは思っていなかった。でも僕たちは何とかそれをひっくり返して、完璧な1日を過ごすことが出来たんだ」

「ミッチとニックがリタイヤしたのは残念だけど、もし彼らが残っていたとしても、僕らにはまだ勝てるだけのペースがあると感じていた」

「全体として良いレースだったと思うし、チームが一晩で改善をしてくれたことを誇りに思う。僕たちはこの完璧な結果に値するよ」

Jake Dennis, Andretti Autosport, Porsche 99 X Electric Gen3

Jake Dennis, Andretti Autosport, Porsche 99 X Electric Gen3

Photo by: Alastair Staley / Motorsport Images

 過去2シーズン、ロンドンで行なわれた4レースのうちデニスは3戦で表彰台を獲得し1勝を挙げており、得意としているコースだと言える。

 チャンピオン獲得に向けて好材料が揃っているデニスだが、チャンピオンシップを確実に勝ち取るためには、まだ「ベストを尽くす必要がある」と認めている。

「明らかにチャンスがある」

 タイトル争いにおける可能性について尋ねられたデニスはそう語った。

「チャンピオンシップにおけるリードはあるけど、(ロンドンは)コーナーのレイアウトという意味ではここと非常に似ているんだ。だからジャガーがまた強いと予想している」

「僕はまだベストを尽くす必要があるんだ。予選で上位に入って、できるだけ多くのポイントを獲得したい」

「24ポイントのリードは明らかに助けになるけれど、それでも懸命に作業をして、可能な限り最高の準備をして臨む必要がある」

 

前の記事 フォーミュラEでマシンが宙を舞う戦慄のクラッシュ発生! エバンスがキャシディを撃墜「前が思ったよりも大きく減速した」|ローマePrix
次の記事 サム・バード、チームからの”優勝指令”は完遂できずも3位に安堵「最近は平凡なドライバーだったから……」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本