MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
1 days
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
9 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
29 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
37 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
58 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
64 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
65 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
86 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
93 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

テスト規制違反でクアルタラロにFP1の“20分間出走禁止”の処罰。ライダーは控訴

シェア
コメント
テスト規制違反でクアルタラロにFP1の“20分間出走禁止”の処罰。ライダーは控訴
執筆:
2020/07/16 1:49

ファビオ・クアルタラロはプライベートテストでレギュレーション違反があったとして、MotoGPスペインGPのフリー走行1回目の序盤20分間に参加できないペナルティを受けることになった。

 ペトロナス・ヤマハSRTのMotoGPライダーであるファビオ・クアルタラロは、シーズン再開前に実施したプライベートテストでレギュレーション違反があったと認められ、第2戦スペインGPのFP1序盤20分間を走行できないというペナルティを科された。

 クアルタラロは新型コロナウイルスの影響でシーズン開幕が遅れている期間に、フランスのポール・リカール・サーキットでプライベートテストを実施。市販バイクのYZF-R1を使用してライディングを行なっていた。

 だがその使用したマシンには、レギュレーションで禁じられているパフォーマンスパーツが取り付けられているとして、レギュレーション違反ではないかと指摘を受けることになった。

 現在のMotoGPでは優遇措置(コンセッション)の適用がないメーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティ)とそのレースライダーは、サーキットでプライベートテストを行なう際は、最高峰クラスのマシンを使用することが禁じられている。そのため市販マシンでのトレーニングとなるのだが、その際はストック状態のものを使用する必要があるのだ。

 FIMはクアルタラロが意図的に違反をしたわけではなかったものの、彼の走らせたYZF-R1はMotoGPのテストレギュレーションに完全に適合してはいないと指摘。

 結果として、クアルタラロには17日に行なわれるフリー走行1回目の序盤20分間に参加できない、というペナルティが科されることになった。ただクアルタラロはこの決定に対して控訴している。

 なお同様のレギュレーション違反があったとして、Moto3クラスに参戦するセルジオ・ガルシア(Estrella Galicia 0,0)もクアルタラロと同じペナルティを科されている。

 

Read Also:

MotoGPヘレステスト:午後はビニャーレスがトップ。クアルタラロ好調2番手

前の記事

MotoGPヘレステスト:午後はビニャーレスがトップ。クアルタラロ好調2番手

次の記事

ロッシ、ペトロナスと契約締結のニュースは“フェイク”。でも「来季の参戦は99%確実」

ロッシ、ペトロナスと契約締結のニュースは“フェイク”。でも「来季の参戦は99%確実」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Rachit Thukral