【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、得意の鈴鹿で失意のQ1落ち。“変わらない”マシンにシーズン通じて苦しむ

スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿の予選でQ1敗退に終わった山本尚貴は、2021年シーズンを「ここまで悩んだシーズンはないと言えるくらい、悩み通した1年」だと表現した。

【スーパーフォーミュラ】山本尚貴、得意の鈴鹿で失意のQ1落ち。“変わらない”マシンにシーズン通じて苦しむ

 ディフェンディングチャンピオンとしてTCS NAKAJIMA RACINGに移籍し、スーパーフォーミュラの2021年シーズンを迎えた山本尚貴は、スーパーGTでの好調ぶりとは裏腹にスーパーフォーミュラでは近年稀に見る苦戦が続いていた。そして迎えた第7戦(最終戦)鈴鹿でも、山本は予選Q1敗退に終わってしまった。

 山本はこれまで、“鈴鹿マイスター”と呼んで差し支えないほど、鈴鹿を得意としてきた。過去にタイトルを獲得した3シーズンでも、鈴鹿での勝利が大いに貢献した。それほどまでに相性の良い鈴鹿でQ1敗退となってしまうほど、今の山本は苦しんでいる。

「今回の鈴鹿戦に向けて、アイデアを出し合って色々と変更を加えましたが、(土曜フリー走行での)手応えは変わっていませんでした。予選に向けても色々と変えましたが、終始変わらなかったですね」

 予選後にそう語った山本。彼はこの“変わらない”マシンにシーズンを通して苦しめられてきた。もちろんセッティングを変更してもマシンの挙動が一切変わらないという訳ではないようだが、得られる感触・感度は悪い方向のものばかりで、良い方向の手応えが得られないのだという。

Naoki Yamamoto, TCS NAKAJIMA RACING

Naoki Yamamoto, TCS NAKAJIMA RACING

Photo by: Masahide Kamio

「良かれと思ってやってきたことが良い方向にいかず……ここまで悩んだシーズンはないと言えるくらい、悩み通した1年になってしまいました」

「当然前向きな気持ちではいたいのですが、チームメイトが良いタイムを出している中で、強い気持ちを持ち続けるのはきついです。でも僕よりもメカニックやエンジニアさんがもっときつい思いをしていると思うので、僕がしっかりしないといけませんが……みんなで悩んで、もがいて、いっぱいいっぱいな状況です」

 決勝は後方16番手からのスタートとなる山本だが、レースに向けては「厳しい状況には変わりませんが、最後まで諦めずに走りたいです」と語り締めくくった。

 
Read Also:

シェア
コメント
新プロジェクト”NEXT 50”を後押しした、トヨタ豊田章男社長の言葉……スーパーフォーミュラを”世界に繋がるレース”に
前の記事

新プロジェクト”NEXT 50”を後押しした、トヨタ豊田章男社長の言葉……スーパーフォーミュラを”世界に繋がるレース”に

次の記事

【スーパーフォーミュラ】1台体制のB-Maxが鈴鹿で最速タイムの“快挙”。「見事なステップ踏めた」と松下信治

【スーパーフォーミュラ】1台体制のB-Maxが鈴鹿で最速タイムの“快挙”。「見事なステップ踏めた」と松下信治
コメントを読み込む