Italy
ドライバー

Alex Zanardi

1966-10-23 (55歳)

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
16 articles
フィルターをクリアにする
Alex Zanardi
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

Alex Zanardiの最新ニュース

グリッド
リスト

治療続くザナルディ。調査により事故時のハンドバイクと路面には問題なかったと判明

徹底的な調査の結果、アレッサンドロ・ザナルディがハンドバイクのイベント中に交通事故に遭った原因について、路面やバイクに問題はなかったと判断された。

4度の手術を経たザナルディ、「臨床的に大幅な回復」を見せる

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、入院が続いているアレッサンドロ・ザナルディは、4度の手術を経て、臨床的改善を見せているという。

治療が続くザナルディ、追加の手術を受けるも状態は安定

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、入院が続いているアレッサンドロ・ザナルディは、ミラノの病院で神経学的手術を受けた。術後の状態は安定していると言われる。

事故で重傷負ったザナルディ、状態が不安定に。集中治療室に戻る

事故で頭部に重傷を負ったアレッサンドロ・ザナルディは、状態が不安定になったことにより、ミラノの病院の集中治療室に移された。

事故で重傷負ったザナルディ、昏睡状態解かれ専門のリハビリ施設へ転院

ハンドサイクル競技中の事故によって頭部に重傷を負っていたアレッサンドロ・ザナルディが、人工的な昏睡状態を解かれ、専門のリハビリセンターへと転院したことがわかった。

事故で重体のザナルディ、3度目の手術受ける。集中治療室で昏睡続く

ハンドサイクルでの事故で頭部に損傷を負ったアレッサンドロ・ザナルディは、今月に入り3度目の手術を受けた。だが依然として集中治療室で昏睡状態に置かれている。

ザナルディ、事故後2度目の手術「神経学的な観点からは依然として深刻な状態」

アレッサンドロ・ザナルディは、ハンドサイクルでの事故で頭部に重傷を負ってから10日後、2度目の神経外科手術を受けた。

【UPDATE】重体のザナルディ、2日経ても深刻な状態は変わらず。病院が発表

6月19日に行なわれたハンドバイクのイベント中に交通事故に遭い、手術を受けたアレックス・ザナルディ。術後2日が経過したものの、依然として容態は深刻だと病院が明かした。

重体のザナルディ、予後は不透明。医師が容態を詳しく説明

ハンドバイクのイベント中に交通事故に遭い、手術を受けたアレックス・ザナルディだが、病院責任者によると状況は依然として深刻であり、予後については明確になっていないと明らかにした。

手術を終えたザナルディ、深刻な状態変わらずもバイタルサインは安定

ハンドバイクのイベント中に交通事故にあったアレックス・ザナルディは、金曜日夜に手術を受けた後、深刻な状況は脱してはいないものの、状態は安定しているという。

ザナルディがハンドバイクのイベント中に事故、病院に搬送されるも“深刻な状態”

昨年スーパーGT×DTM特別交流戦にも参加したレーシングドライバーのアレックス・ザナルディがハンドサイクルのイベント中に交通事故に巻き込まれ、現在病院で懸命な治療が続けられている。

東京パラリンピックで3大会連続の金メダル獲得へ……鉄人ザナルディ”準備万端”

昨年11月に行なわれたスーパーGT×DTM特別交流戦にBMWから参戦したアレッサンドロ・ザナルディ。彼にとって今回の来日は“レース参戦”以外にもうひとつ目的があった。

アクセルは左手、ブレーキは右手……ザナルディが両手で操作可能な自身のコックピットを解説

『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦したアレッサンドロ・ザナルディ。事故で両脚を失った彼は、ハイパフォーマンスなDTMマシンを両手だけでコントロールしている。

“不屈の鉄人”ザナルディ、BMWから『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦決定!

元F1ドライバーでCARTのチャンピオンでもあるアレッサンドロ・ザナルディが、BMWのドライバーとして『スーパーGT×DTM特別交流戦』に参戦することが明らかとなった。

鉄人ザナルディ、憧れのデイトナ挑戦に手応え。義足なしのドライバー交代も問題なし

デイトナ24時間に初挑戦するアレッサンドロ・ザナルディは、自分のペースはチームメイトたちと比べてそれほど遅くはないと語った。

ザナルディ、リオのパラリンピックで金メダルを獲得

元F1ドライバーでCART王者のアレックス・ザナルディが、パラリンピックで4個目のメダルを獲得した。