アロンソ、“GP2エンジン”発言は後悔も……「当時のホンダPUは酷かった」

フェルナンド・アロンソは、2015年にホンダ製パワーユニットを『GP2エンジン』と表現したことが適切でなかったと認めながらも、状況に非常に苛立っていたと語った。

アロンソ、“GP2エンジン”発言は後悔も……「当時のホンダPUは酷かった」

 2005年、2006年と2年連続でF1ワールドチャンピオンに輝いたフェルナンド・アロンソ。彼は2010年に加入したフェラーリでセバスチャン・ベッテル(当時レッドブル)らと激しいチャンピオン争いを繰り広げたが、タイトルには届かず、2015年にマクラーレンに移籍した。

 マクラーレンは2015年からF1に復帰したホンダとパートナーシップを結んだ。しかし、復帰初年度のホンダが製造するパワーユニット(PU)は信頼性やパワーなど、あらゆる面で問題を抱えており、レース巧者で知られるアロンソをもってしても、入賞を2度記録するのがやっとだった。

 そんな中で迎えた日本GP。ホンダのお膝元でもあるこのレースで、アロンソは自身がライバルチームのマシンにストレートで簡単にかわされてしまうという状況にフラストレーションを爆発させ、無線でこう叫んだ。

「GP2! まるでGP2エンジンだよ!」

 GP2(現FIA F2)はF1より下のレースカテゴリー。ホンダPUのパワーの低さを訴えるこの発言は、良くも悪くも2015年シーズンのハイライトシーンとなってしまった。

 アロンソはF1 Racingのインタビューの中で当時のことを振り返りながら、“GP2エンジン発言”について次のように語った。

「僕はフラストレーションが溜まった状態で(日本GPを)迎えたんだ……にしてもああいったことは言うべきではなかったと思う。ただ、僕は(その発言を)テレビや記者会見の場で言った訳ではない」

「僕はあくまでエンジニアとのプライベートな会話の中でそれを言った。結果的にそれが放送されてしまったけど、公衆の面前で言ったつもりはなかった」

「でも、エンジンがひどかったのは確かだ」

 結局マクラーレン・ホンダは表彰台に1度も上がることができないまま、2017年を最後にパートナーシップを解消。その後ホンダは2018年からトロロッソ、2019年からレッドブルにPUを供給し、2019年はレッドブルが3勝、トロロッソが2度の表彰台を獲得するなど、充実のシーズンを送った。

「ホンダが勝つと『GP2エンジンが勝ったぞ』とか『君にとって悲しい1日になったな』なんてメッセージがたくさんくるんだ」とアロンソは続けた。

「でも、僕は(ホンダが勝つことを)嬉しく思っている。ただ、僕がマクラーレンに乗っていた時のエンジンと、(2019年の)ブラジルでレッドブルが勝った時のエンジンは同じではないんだ」

「今のトップドライバーたちが、あの時の僕のような経験をしたら、何と言うだろうか……2015年、僕の目標はQ1を突破することだったし、その中で合計175ものグリッド降格ペナルティを受けたんだ」

Read Also:

シェア
コメント
FIA、新型コロナウイルス流行を警戒「必要に応じて、あらゆる措置を講じる」

前の記事

FIA、新型コロナウイルス流行を警戒「必要に応じて、あらゆる措置を講じる」

次の記事

ハミルトン、メルセデスとの”契約金問題”について発言。メルセデスもF1撤退を否定

ハミルトン、メルセデスとの”契約金問題”について発言。メルセデスもF1撤退を否定
コメントを読み込む