アルファタウリ代表、若手テスト参加の日本人ふたりを高評価「自分の役割を果たしてくれた」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、アブダビでのF1若手ドライバーテストに参加したふたりの日本人ドライバーの働きについて言及。パワーユニットを供給するホンダを含め、全員が自分たちの仕事を全うして良いシーズンの締めくくりができたと語った。

シェア
コメント
アルファタウリ代表、若手テスト参加の日本人ふたりを高評価「自分の役割を果たしてくれた」

 12月15日にアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれたF1若手ドライバーテスト。アルファタウリ・ホンダは角田裕毅、佐藤万璃音の日本人コンビを起用してテストに臨んだ。

 ふたりは大きなトラブルなく周回を重ね、最終的にふたり合わせて250周、1388kmを走破した。ベストタイムは角田が1分37秒557で5番手、佐藤が1分38秒495だった。

Read Also:

 テストを終え、アルファタウリのフランツ・トスト代表は次のようにコメントした。

「今日のテストは非常に成功した。我々は2台で250周を走り、ふたりのドライバーにとっても良い勉強になっただろう」

「彼らはFIAのジャンプテストのように、このイベントのために必要な準備を経験できたし、それらを何の問題もなくクリアしていった。そして彼らは、エンジニアとこれまで以上に多くの仕事をすることが何を意味するのか学ぶことができた」

「テスト中はセットアップの変更ができなかったが、オプションタイヤとプライムタイヤの両方をテストすることができたので、異なるタイヤの比較やマシンについての習熟を深めることができたと思う。特にここアブダビでは、タイヤをオーバーヒートさせず適正な温度に保つためにドライバーがタイヤの使い方を学ぶことが重要なのだ」

 来季のアルファタウリ正ドライバーとなることが有力視されている角田は、11月にイタリアのイモラ・サーキットで2年落ちのF1マシンを走らせている。今回のテストは現行マシンでの初ドライブとなったが、フェルナンド・アロンソ(ルノー)やロバート・クビサ(アルファロメオ)といった経験豊富なドライバー、そしてメルセデスを走らせるニック・デ・フリーズとストフェル・バンドーンに次ぐ5番手タイムを記録した。

 トスト代表はそんな角田の働きを次のように評価した。

「ユウキは11月のイモラで既にF1マシンをテストしている。しかし今回は現行スペックのマシンを初めて走らせることができた」

「ユウキは技術的にもとても良いフィードバックをするなど、素晴らしい仕事をしてくれた。そして彼のエンジニアとの連携はとても良いものだったと思う」

 そして今回がF1初ドライブとなった佐藤もノートラブルでプログラムをこなし、127周を走った。トスト代表は佐藤の将来が明るいと考えている。

「マリノにとってはこれが初めてのF1となったが、堅実な仕事ぶりを見せてくれた」とトスト代表。

「彼は多くのラップを積み重ねて、マシン、そしてF1チームの仕組みを学んでくれた。この調子で続けていけば、彼にはモータースポーツでの将来があると思っている」

 そしてトスト代表は最後にこのテストを総括し、全員が自分たちの仕事を全うしたことで良いシーズンの締めくくりができたと結んだ。

「今日のテストは非常に実りあるものとなり、成功裏に終わった2020年シーズンの良い締めくくりになったと思う」

「全てのチームメンバーに感謝したい。サーキットやオペレーションルーム、ファエンツァやビスターのみんな、そして最後に忘れてはならないのが素晴らしいサポートをして非常にパワフルで信頼性の高いパワーユニットを提供してくれたホンダだ」

「我々の歴史の中で最高のシーズンを締めくくるために、全員がそれぞれの役割を果たしてくれた」

 

Read Also:

マシン開発凍結が、来季のレッドブルの後押しに……アブダビGPの勢いは持続するか?

前の記事

マシン開発凍結が、来季のレッドブルの後押しに……アブダビGPの勢いは持続するか?

次の記事

ルノー生活、悪くなかった? ダニエル・リカルド「良い終わり方。充実感がある」

ルノー生活、悪くなかった? ダニエル・リカルド「良い終わり方。充実感がある」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビ若手ドライバーテスト
チーム アルファタウリ・ホンダ