金曜”一切”走行できずの緊急事態。F1アイフェルGP残りの週末に向けFIAが対策を策定?

FIAは、F1アイフェルGPの残りの週末、緊急時の対応計画を変更する予定のようだ。これは、マシンが一切走行できなかった金曜日のような事態を繰り返さないようにするためのモノだ。

金曜”一切”走行できずの緊急事態。F1アイフェルGP残りの週末に向けFIAが対策を策定?

 ニュルブルクリンクで行なわれている、2020年のF1第11戦アイフェルGP。しかし金曜日に予定されていたフリー走行1回目と2回目のいずれのセッションも、メディカルヘリコプターが指定されているコブレンツの病院まで20分で飛行できないほどの悪天候だったため、1台のマシンも走行することができず終了することとなった。

Read Also:

 このコブレンツの病院へは、陸路移動することもできる。しかし、例えば大きな事故が発生してドライバーなどが大怪我を負った場合に備え、20分以内で搬送できなければいけないと義務付けられているが、このコブレンツの病院は50km以上離れており、道路を通って20分以内に搬送するのは事実上不可能である。そのため、金曜日のセッションで走行することができなかったのだ。

 F1のレースディレクターであるマイケル・マシは金曜日の午後、週末残りの走行を実現すべく、”バックアップ計画”が準備されていると明かした。

 motorsport.comの取材によれば、このバックアップ計画は、特に霧が酷くなることが多い山岳地帯の中約3kmは車で移動し、その後ヘリコプターを使用、20分以内での搬送を実現しようという内容になっている模様だ。

 FIAの国際モータースポーツ競技規則・付則H項の2.8.3.8条「負傷者の救助役務 」では、下記のように規定されている。

「重度火傷者治療センターへ直接搬送する場合を除き、当該競技の医療役務調査票に記載されFIAメディカルデリゲートの承認を得た各応需病院に到達するのに必要な飛行搬送時間は、通常の状況では、約20分を超えてはならない」

 予報では、土曜日の天候は回復傾向にあり、雨になる可能性は少ないようだ。しかし決勝レースが行なわれる日曜日は、金曜日と同じような天候になるのではないかとみられている。

 レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、日曜日の天候について懸念していると認めた。

「日曜日は今日と同じような天候になるらしいので、少し心配だ」

 そうアルボンは語った。

「そうなった場合、何が起きるのかを確認しておく必要がある」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、1日中待たされたことに苛立ったと語ったものの、このウエットコンディションでは、ほとんどのドライバーはあまり周回を重ねることはなかっただろうと語った。

「こういう形で1日を失うのは、確かに少し苛立たしいね」

 そうハミルトンは語った。

「でも、(ウエット系の)タイヤの数には限りがあるので、多く走ることはなかっただろう。今週末はこのままだろう」

「インスタレーションラップを走りたかったけど、ヘリコプターが飛べなかったせいで、ガレージに閉じこもったままだった。でも、全員が同じ状況だよ」

Read Also:

シェア
コメント
【動画】2020年F1第11戦アイフェルGPフリー走行2回目ハイライト
前の記事

【動画】2020年F1第11戦アイフェルGPフリー走行2回目ハイライト

次の記事

シューマッハー、F1“デビュー”はおあずけも「チームに帯同するのも貴重な経験」と前向き

シューマッハー、F1“デビュー”はおあずけも「チームに帯同するのも貴重な経験」と前向き
コメントを読み込む