ハミルトン、アップデートの評価は”小さな一歩”。「バウンドはまだ激しいけど、良い1日」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスがイギリスGPもバウンドに苦しんでいるとしながらも、マシンのアップデートで「小さな一歩」を踏み出したと考えている。

ハミルトン、アップデートの評価は”小さな一歩”。「バウンドはまだ激しいけど、良い1日」
Listen to this article

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1第10戦イギリスGPの初日を2番手で終えた。しかし、アップデートによる進歩について彼は、”小さな一歩”だと語った。

 メルセデスは、イギリスGPでフロントサスペンションやサイドポッドベーン、フロア、リヤウイング、ビブウイングなど広範囲にわたってアップデートを実施した。

 ドライバーふたりの母国レースでパフォーマンスを一歩前進させ、ふたりを苦しめてきたバウンシングを緩和させることを目指したのだ。

 FP1はウエットコンディションとなり、各チームが最小限の走行しかしなかったこともあって、ハミルトンが2番手となったことに驚きはなかった。しかしドライコンディションとなったFP2でも、ハミルトンはトップとなったカルロス・サインツJr.(フェラーリ)に次ぐ2番手につけてみせた。

 初日の走行を終えたハミルトンは、メルセデスにとって良い1日だったと振り返り、高速コーナーではバウンシングが続いているものの、かなり良い感じだと語った。

「まだかなり跳ねているよ。直線ではそうでもないけど、コーナーではかなり激しい」

「身体的に厳しいというわけではないけど、クルマやタイヤ、全てにとって厳しいんだ。だからまだやることはある」

「でも、小さな一歩を踏み出したように感じる。作業を続けるしかないんだ」

 ハミルトンは、アゼルバイジャンGPやカナダGPのバンピーなストリートコースから、路面がスムーズな常設サーキットのシルバーストンに移ったことから、マシンの変化を判断するのは難しいと話す。

「このサーキットのほうがずっとスムーズだし、バルセロナに似ている」

「でも、このコースは(運転するには)最高のコースだよ。ドライブしていてゾクッとするし、素晴らしい。それに僕たちは、少しクルマと戦っているんだ」

「僕らのロングランペースは他の人たちほど良くないけど、何マイルも離されているわけじゃない」

 チームメイトのジョージ・ラッセルはFP2で8番手だったが、メルセデスのロングランペースについてより楽観的な見方を示した。

 彼はハミルトンが本当に強力なラップを刻んだのに対し、自分は燃料搭載量が低い状態でのパフォーマンスに苦しんだという。

「僕らと同じようにハードで走ったマクラーレンと比べたら、燃料が多いほうが期待できると思う」とラッセルは語った。

「僕たちの方がかなり速かったし、タイヤが温まってきた頃には、フェラーリよりも速くなっていたんだ。終盤になると彼らは離れていったが、僕たちは周回を重ねるごとに良くなっていった」

「ポジティブな兆候もあるが、まだまだ改善の余地がある」

 ラッセルは、高速コーナーでのバウンシングは覚悟していたものの、ストレートでバウンシングがなかったことは「少なくともひとつのポジティブな兆候」だという。

「コプス、マゴッツ、ベッケッツではクルマが跳ねているから、それを理解する必要がある」

 
Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、F1イギリスGP初日は厳しい出だしに「現状かなり苦しんでいる」
前の記事

角田裕毅、F1イギリスGP初日は厳しい出だしに「現状かなり苦しんでいる」

次の記事

レッドブル、持ち込みセットアップ外した? ペレス「エアロの問題に苦しんでいた」

レッドブル、持ち込みセットアップ外した? ペレス「エアロの問題に苦しんでいた」