F1残留のチャンスが狭まるペレス、レッドブルの決断は「あまり長く待てない」

来季の去就が未定のセルジオ・ペレスは、レッドブルへの移籍は選択肢のひとつだとしながらも、あまり長くは待てないと語った。

F1残留のチャンスが狭まるペレス、レッドブルの決断は「あまり長く待てない」

 レッドブルは、2021年シーズンのF1を戦うドライバーとして、アレクサンダー・アルボンをチームに残すかどうかを検討している。もしアルボンがチームに残れなかった場合、レッドブルの育成ドライバー以外から後任を選ぶとチームの上層部はコメントしており、来季の去就が決まっていないセルジオ・ペレスや、ニコ・ヒュルケンベルグがその候補だと考えられている。

 代役参戦で見せたパフォーマンスでヒュルケンベルグが株を上げたとはいえ、今季もレーシングポイントでフルシーズンを戦っており、メキシコのスポンサーを抱えているペレスはより魅力的な選択肢だと言える。

Read Also:

 先週末、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ペレスやヒュルケンベルグはレッドブルの決断を待つだろうと語った。

「どのドライバーも、他のシートよりもレッドブルを優先していると思うから、彼らは決断が下されるのを待つと想像している」

 しかしながら、ペレスは2021年にグリッドに残れる選択肢が狭くなってきているため、あまり長く待つことはできないと話した。

「(F1残留に向けて)とても細い線しか残っていないと思う」

「リスクを冒して、何が起こるか待つことはできる。でも、シーズンは終わりに近づいている。だから、それぞれのチームやドライバーに何が起きているのかを知ることが重要だと思う」

「僕は可能性のある全ての選択肢を考えているし、あまり長くは待てないよ」

 関係者によると、ペレスの代理人とレッドブルは来年に向けた契約締結の可能性について、すでに話し合いを始めているという。

 レッドブルとの交渉は始まっているのか、レッドブル加入は本当に選択肢のひとつなのか。そう訊かれたペレスは、次のように答えた。

「僕はその可能性を排除するつもりはない。彼らが僕が候補ではないと認めるまではね」

「それは、ラインアップが発表されていない他のチームも同じだ。時間が経つにつれて、来季のグリッドに残るチャンスは非常に少なくなっていく」

 現在のところ、レッドブル以外にペレスがシートを得る可能性があるのはハースのみだと考えられている。しかしハースは、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハーのルーキーコンビを起用する可能性が高いと見られている。

Read Also:

シェア
コメント
欧州を襲う新型コロナ流行第2波。メルセデス代表「F1も適応する必要がある」
前の記事

欧州を襲う新型コロナ流行第2波。メルセデス代表「F1も適応する必要がある」

次の記事

ガスリー、アルファタウリ残留には前向きも、レッドブルの候補に挙がらず「驚いた」

ガスリー、アルファタウリ残留には前向きも、レッドブルの候補に挙がらず「驚いた」
コメントを読み込む